ケーデンス(カデンツ)を理解しよう

コードの役割をマスターしたら、いよいよコード同士を繋いでみましょう

この記事と合わせてこちら→「ちゃんとした音楽理論書を読む前に読んでおく」と一緒に勉強するとより理解が深まります。

まず、ケーデンス(カデンツ)というものを説明します

ケーデンスというのは、日本語でいうと終止形といいます

終止形ということはエンディング?と思われるかもしれませんが

もちろんエンディングでもバリバリ使われますが、曲の中でも使用され

コード進行の中でも基本中の基本です

ケーデンスを理解できれば、後のコード進行もケーデンスを変化させたり
色々応用が利きますので、頑張っていきましょう

ケーデンスの定義は
あるコードから安定したコードへ解決すること
コード進行の動きをまとめる決まった型のこと
またはコード進行の最小単位ともいいます

となんとく定義だけでは分かりにくいので

実際に具体例を混ぜながら解説していきます

終止形のパターンは大きく3つあります

ドミナントからトニックに解決

サブドミナントからトニックに解決

サブドミナントからドミナントに進み、その後トニックに解決

ドミナント終止

ドミナント終止イラストドミナント終止とは、
不安定なドミナントコードから安定したトニックコードに
落ちついて解決することです
最も強い終止感を得ることができます
曲の最後はもちろん、Aメロ、Bメロ、サビの区切りにも使われたり
色々な所で使用されます
よく使われる例えを少しあげますと
例1.みなさんは、小学校の時の朝礼で実際に体験していると思います
どういうことかといいますと、
音楽の先生が起立→礼→着席をピアノで弾く伴奏がこのドミナント終止を使用しています
起立(C:安定)→礼(G:不安)→着席(C:安定)
もし先生がいじわるな方でこの礼のGを弾いた後、Cを弾かない場合、
生徒は、早くCを弾いてくれとみんなうずうずしてしまいます
例2.結構J-POPでもたまに、
曲の最後にわざとドミナントで終わって、トニックを弾かない場合もあります
この手法は、アルバムとかで使われたりします
トニックを弾かない事により、リスナーは、変な余韻が残ります
解決して曲が終わらないので・・なんともいえない気持ち悪さが残るんですね
で次の曲に繋げて、ストーリーを作る場合があります
そうすることにより、次の曲が魅力的にリスナーは感じることができます

サブドミナント終止

サブドミナント終止イラストサブドミナントからトニックに解決します
前者のドミナントと違い、力強さを感じることができませんが
ちょっとした終止感を得られます
ですので、ドミナント終止だと明らかに、リスナーに先読みされて
おもしろくない時に、
さりげなくこのサブドミナント終止を使用することにより
効果的な聞かせ方ができます
また、オシャレな終止感を出したい時にもよく使用されます

サブドミナント-ドミナント終止

サブドミナント-ドミナント終止イラスト主役の3コードを全て使った力強いコード進行です
特徴は、解決感が次第に強くなっていき、
ドミナントに来た瞬間が一番ピークになります
一時不安定→不安定→安定
だんだんと緊張感を出したい時に、ドミナントの前に
サブドミナントを持ってくると良い感じになります

ケーデンスについてなんとなくイメージできたでしょうか
実際にこれから、コード進行を分析した時に音と結びつけると
ここで書いている事が明確になってきます
次からは、なんでドミナント終止は力強い進行なのかなどを
度数を使って、論理的に解説していきます