「ドミナント」フレーズのマンネリ化対策方法

ジャズギター初心者さんでも
例えば定番のドミナントフレーズは結構教則本とかで知っているけど

ドミナントフレーズの次に弾くトニックフレーズが毎回同じフレーズで
マンネリ化していませんか?

でもトニックフレーズのストック数が少ないし、自分の知っている
トニックフレーズとドミナントフレーズが上手く繋がらないということ
から結局下記のフレーズのように着地の音を白玉で弾くという現象に
陥っていませんか?

「M3度着地」のオルタードフレーズ

 
ドミナントフレーズ3度着地

トニックコードであるCM7コードの「M3度」の音に着地する
「Gオルタードフレーズ」を使いたいと仮定します。
もちろんこのまま「M3度」の音に着地して全音符で締めるというフレーズも
定番です。
しかし毎回これだけだとオルタードフレーズにマンネリ化を感じてくると思います。
そこで、この解決策として考えられるのは①色々なオルタードフレーズを覚える。
もしくは②後ろのトニックフレーズを色々覚える。
今回は「ドミナント」フレーズのマンネリ化対策方法として
後者のオルタードフレーズは同じフレーズにして
後ろのトニックフレーズを取り換えてあげることにより
オルタードフレーズを聴感上新鮮に感じれるようにしてみましょう。
以下から実際に例を用いて解説します。

【例1】
「M3度着地」のオルタードフレーズに「M3度の音から始まるトニックフレーズ1」を当てはめる

 
例1ドミナントトニックフレーズ
「M3度の音から始まるトニックフレーズ1」をただそのままトニックフレーズ
に当てはめています。
【Em7アルペジオ】とシンプルなフレーズですがトニックフレーズが
入るだけでも新鮮なフレーズに聴こえてきます。

【例2】
「M3度着地」のオルタードフレーズに「M3度の音から始まるトニックフレーズ2」を当てはめる

 
例2ドミナントトニックフレーズ
「M3度の音から始まるトニックフレーズ」のフレーズ1【Em7アルペジオ】に
【CM7アルペジオのM7度から上昇】フレーズを追加したフレーズをそのまま当てはめています。
トニックフレーズ1と関連性のあるトニックフレーズに置き換えましたが新鮮さは失われていないと
思います。次の3つ目は関連性のないトニックフレーズに置き換えてみます。

【例3】
「M3度着地」のオルタードフレーズに「M3度の音から始まるトニックフレーズ3」を当てはめる

例3ドミナントトニックフレーズ
1つ目、2つ目のコードアルペジオフレーズと違いクロマチックラインが特徴
のフレーズです。M3度から5度まで半音でクロマチックアプローチしてから
ルート音に着地するフレーズをそのまま当てはめています。
1拍目が4分音符である所も8分音符ライン
に緩急がつくのでポイントになっています。
1つ目、2つ目と全く別物の3度から始まるトニックフレーズですがこちらも
オルタードフレーズと繋がりが良くオルタードフレーズが新鮮に聴こえてきます。

このように同じオルタードフレーズでも後ろのトニックフレーズを取り換えてあげるだけで
「ドミナント→トニック」フレーズとして捉えたときに新しいフレーズとして認識できます。
是非、ジャズの練習方法の一つとして自分の知っているドミナントフレーズで後ろのトニックフレーズを色々取り換える練習をしてみてください。
意外にドミナントフレーズの後に弾くトニックフレーズが毎回同じフレーズになっていることが多いなと改めて実感すると思います。

【新発売】テンションコードのルール&作り方を理解して様々なジャズスタンダードのバッキングで使えるようにする

テンションコードのルール&作り方を理解して様々なジャズスタンダードのバッキングで使えるようにする説明図
本書はテンションコードをジャズスタンダードで実際に使えるようになるために、ジャズでのテンションリゾルブの使われ方を理解してから
「テンションコードのルールを一から学習」→「実践的なテンションコードの作り方」→「2つの弾き方をコンセプトにして21曲のジャズスタンダードでテンションコードの実践的な使い方を実践例から解説」という流れで進めていきます。

テンションコードも原理を一から理解していけば、自由に色々なテンションコードを様々なジャズスタンダードのコード進行でスムーズに連結して使えるようになりますので、是非本書でテンションコードを一から学んで実践で使えるようにしてください。

無料版はこちらからダウンロードできます。

【新発売】様々なジャズスタンダードのウォーキングベースライン実践スコア解説

様々なジャズスタンダードのウォーキングベースライン実践スコア解説_イメージ図
本書は『ジャズギターでウォーキングベースラインをパターンに当てはめて一からつくる』の続編に当たります。
イメージとしましては、前書が教科書的な弾き方をしてたのに対し本書ではそれを基礎としながら発展させた実践的な弾き方になります。

無料版はこちらからダウンロードできます。

3D映像を使った三和音(トライアド)コードの仕組み

よろしければ下記ボタンよりチャンネル登録よろしくお願いします。⇒

度数の仕組みと効率の良い覚え方_動画レッスン

ジャズギター初心者のためのレッスンサイト

ジャズの基礎を一から学べるようにカリキュラムを組んでいます
ジャズギター初心者のためのレッスンサイト

ジャズアドリブ【初心者向け】オリジナル教則本(電子書籍)

BeginnerJazzImprovise
無料版はこちらからダウンロードできます。

様々なジャズスタンダードをコードアルペジオのみで弾く
無料版はこちらからダウンロードできます。

第二弾!!様々なジャズスタンダードをコードアルペジオのみで弾く_説明図
無料版はこちらからダウンロードできます。

BeginnerJazzGuidetoneChromaticApproach
無料版はこちらからダウンロードできます。

様々なジャズスタンダードをコードトーンとリズムモチーフのみで弾くイメージ図
無料版はこちらからダウンロードできます。

TwoFiveOnePhraseJazzImproviseConcepts
無料版はこちらからダウンロードできます。

DiatonicScaleJazzStandardImproviseConcepts
無料版はこちらからダウンロードできます。

ジャズフレーズ集(電子書籍)

JazzGuitarTonicPhraseBook
無料版はこちらからダウンロードできます。

フレーズ連結を考慮した解決しないセブンスフレーズ集250個_イメージ図
無料版はこちらからダウンロードできます。

ジャズアドリブ【コンセプト系】オリジナル教則本(電子書籍)

BebopDominantScaleJazzStandardImproviseConcepts
無料版はこちらからダウンロードできます。

MinorConversionConcepts
無料版はこちらからダウンロードできます。

DiatonicChordCombineAlteredConcepts
無料版はこちらからダウンロードできます。

PentatonicJazzImprovisationConcept
無料版はこちらからダウンロードできます。

RhythmChangesImprovisationConcepts
無料版はこちらからダウンロードできます。

ジャズ【バッキング】オリジナル教則本(電子書籍)

JazzGuitarBeginnerJazzBackingProgram
無料版はこちらからダウンロードできます。

JazzStandardDrop2ChordVoicingsBackingMethodイメージ画像
無料版はこちらからダウンロードできます。

様々なジャズスタンダードをドロップ3・コード・ヴォイシングのみでバッキング説明図
無料版はこちらからダウンロードできます。

テンションコードのルール&作り方を理解して様々なジャズスタンダードのバッキングで使えるようにする説明図
無料版はこちらからダウンロードできます。

ジャズ【ウォーキングベースライン】オリジナル教則本(電子書籍)

JazzGuitarWalkingBassLine
無料版はこちらからダウンロードできます。

様々なジャズスタンダードのウォーキングベースライン実践スコア解説_イメージ図
無料版はこちらからダウンロードできます。

ハーモナイズド・ベースラインのグループ分けしたパターンを様々なジャズスタンダードに当てはめて弾く_説明図
無料版はこちらからダウンロードできます。

ブルースギターオリジナル教則本(電子書籍)

CallAndResponseBlues
無料版はこちらからダウンロードできます。

BluesSessionBackingPhrase40
無料版はこちらからダウンロードできます。