イコライザー(EQ)の基礎2

ここではイコライザー(EQ)の基礎第2回目として、

①ピーキングタイプ②シェルビングタイプ③ローパスフィルター④ハイパスフィルター

というイコライザーの基礎知識を勉強していきましょう。
まず、上記を大きく分けると3つに分類できます。
「①」、「②」、「③と④」
では、それぞれ分類した種類の違いをみていきましょう。

①ピーキングタイプ

決められた周波数(F)を中心として、その周辺の倍音を強調したり、削ったりする
イコライザーのタイプのこと
どれくらいの周辺に影響を与えるかを決めるのはQと呼ばれるつまみで範囲を決めます。

②シェルビングタイプ

決められた帯域以上、以下をブーストしたり、カットしたりするイコライザーのタイプのこと

③ローパスフィルター④ハイパスフィルター

倍音を高い方から削っていくフィルターのこと(ローパスフィルター)
倍音を低い方から削っていくフィルターのこと(ハイパスフィルター)
どの周波数まで削るかをカットオフ・フリケンシーというパラメーターで設定する
また、呼び名は「ローカット」「ハイカット」とそれぞれ呼ばれることもある

ここで、皆さんの中で疑問が生じたって方がいるかもしれませんので、一応少し補足しますね。

設定した周波数以上、以下の帯域をカットしてしまう機能だけをピックアップすると
シェルビングタイプのイコライザーとフィルターってどっちを使用しても違いはないんじゃないのと
思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、決定的な大きな違いがあります。
それは、フィルターはあくまでどこまでの音を通すという、カットする方向でしか使用できません。
それに比べシェルビングタイプはカットもできて、さらにブーストもできちゃいます。

ですので、ここの違いはしっかり覚えておいてください。
結構、基本のことなんですが曖昧にしてる方がいたりしますので…

《当サイトの人気コンテンツ》音楽全般で使える教則本厳選100