嵐『Bittersweet』を楽譜分析してみよう

フジテレビ系月9ドラマ「失恋ショコラティエ」の主題歌
嵐『Bittersweet』を楽譜分析してみましょう

嵐『Bittersweet』楽譜(コード進行表)

嵐『Bittersweet』楽譜説明図

「1拍半」でのコードチェンジの場合=@として
前の小節に8分クウ場合=★と横に記してあります
[]の中はキーを表しています
BPM=128となっています


イントロ[D♭メジャー]
│G♭M7@ A♭sus4│Fm7@ B♭m7│G♭M7@ A♭sus4│B♭m7★│
│E♭m7│E♭m7onA♭★│D♭M7│B♭m7★│
│E♭m7│E♭m7onA♭│E♭m@ D♭onF│G♭★ A♭sus4(2拍半)│D♭sus4│D♭★│
Aメロ[A♭メジャー]
┃A♭│Gm(-5)/C7│Fm7│E♭m7/A♭│D♭│
│①A♭onC│B♭m7│A♭onE♭/E♭┃×2
│②A♭onC/Fm│B♭m7/B♭m7onE♭│A♭sus4@ A♭│
Bメロ[Bメジャー]
│EM7/F#│D#m7/G#m│C#7/F#│C#monB/B│C#m7/F#│
│D#m7/G#m7│C#m7/D#m7│EM7/F#│G#sus4│G#★│
サビ[D♭メジャー]
│E♭m7│Em7onA♭★│D♭M7│Bm7★│E♭m7│
│G♭onA♭/A♭│D♭│C♭onD♭/D♭onF│
│E♭m7│Em7onA♭★│D♭M7│B♭7★│
│E♭m7/E♭m7onA♭│D♭M7/B♭m7│
│E♭m7│Em7onA♭│G♭(2小節)│→Aメロに戻る
間奏:│B♭m7│B♭m7/A♭│E♭m7│D♭onF│G♭│A♭│
Dメロ:│B♭m│A♭│G♭│D♭/FmonC│B♭m7│E♭7│E♭m7onA♭│
│D♭/FmonC│B♭m@ D♭onA♭│E♭7★│A♭sus4(2拍)│A♭│→サビへ戻る
エンディングは、イントロの「5小節目」から演奏すれば大丈夫です

『Bittersweet』の特徴は「シンコペーション」のリズムが頻繁に出てきます

特に、イントロは8割くらいがこのリズムです
「付点8分音符」だったり、「前の小節に突っ込んだり」と正確なタイミングで弾くのが
難しい部分です

この曲は、ギターでの単音ミュートカッティングやベースでのチョッパーが所々に入ってたりと
少しファンキーな要素も入った、とてもオシャレでありながらも
Bittersweetというタイトル通り
どこか甘さあふれるようなサウンドが心地よいです♪

そして、セクションが変わる度に「転調」しています

ですので、♭が出てきたり、#が突然出現したりと
しっかり、今演奏している部分のキーを把握していないと
ワケがわからなくなってしまうほど、忙しい楽曲だと思います
たぶん、このサイトで勉強してきたみなさんなら
理解していると思いますが、一応キーによって付いてくる
♭と#の数を確認してみますね

CメジャーからGメジャーへと「5度に進む場合」は#が一つずつ増えていきます

BメロのBメジャーは
C→G→D→A→E→B
となりますので、#の数は5つとなります

上記とは逆に「4度に進む場合」は♭が一つずつ増えていきます

サビのD♭メジャーは
C→F→B♭→E♭→A♭→D♭
と♭が5つになります
同様に他のキーもこういった感じで出来ますので
試してみてください
もっと詳しく知りたい方は、「サークルオブフィフス」などの記事を参照してみてください