ファンキー加藤『輝け』を楽譜分析してみよう

ファンキー加藤のソロ第二弾シングル『輝け』を
楽譜分析してみましょう

コード進行を参照しながら
セクション毎に説明して行こうと思いますので
まずフルバージョンのコード進行を示します

ファンキー加藤『輝け』楽譜(コード進行表)

ファンキー加藤『輝け』楽譜説明図イントロ:│D♭│A♭│B♭m7│G♭│×2│G♭│
Aメロ:│D♭│Cm7/F7│B♭m7│A♭6│G♭│Fm7│E♭m7│×2
│①G♭monA/A♭7││②E♭m7onA♭/A♭7onG♭│
Bメロ:│Fm7│B♭m7│E♭m7│A♭7/A♭7onG♭│Fm7(-5)│
│B♭sus4/B♭7│E♭m7│E♭m7onD♭│C♭△7│@E♭m7onA♭│
Cメロ:│A△7│B7onA│G#m7│C#m7│F#m7│F#m7onE│D#m7│G#7│
│A△7│B7onA│G#m7/G#7onB│C#m7│F#m7│G#m7│A△7│@F#m7onB│
間奏:│D♭│@E♭7onD♭│@G♭onD♭│E♭m7onA♭/A♭7│→Aメロに戻る
Dメロ:│C△7│DonC│Bm7│Em7│Am7│@Am7│F#m7onB│@B7│A│B7│E│
│C#m7│A│B│
ギターソロ:│D♭│@A♭onD♭│B♭m7│B♭m7onA♭│G♭│G♭│E♭m7onA♭│@A♭/G#m│
→サビに戻る
ラストのサビが終わったらイントロでエンディングを弾く
※(8分音符前の小節から弾く)=@という記号で表します。

では、ここから、セクション毎に
ポイントとなる部分をアナライズしていきます

イントロ:D♭メジャー

│Ⅰ│Ⅴ│Ⅵm7│Ⅳ│×2│Ⅳ│
イントロのフレーズは大きく2つの譜割りを覚えるだけで
弾けてしまいます

これは、バックで流れているコードのアボイドノート以外を
避けて作られているのでほぼ同じフレーズを続けていても
美しく聴こえてきます

前半4小節、後半4小節と分けて分析すると一目瞭然です

Aメロ(ヴァース):D♭メジャー

Aメロのメロディは、同音での連打の比率が多いのと
音と音の跳躍が少ないのが特徴的です
これは、ロックらしい勢いのあるメロディ
によく見られる傾向があります

Bメロ(ブリッジ):B♭マイナー

マイナーのコードを中心にコード進行が展開されていますので
少し明るさが半減しますが、切なさが若干出てきます

Cメロ(サビ&コーラス):C#マイナー

ここで転調しています
コード進行がお馴染みの「4536」進行を中心に
作られています

メロディは「駆け上がったり」、「下がったり」して動きが出ています

Dメロの出だしもEマイナーキーの「4536」進行から始まっていますので
サビをそのまま短3度上に転調した効果を感じるので
クライマックスにはぴったりです

<一番最後にもリスナーを驚かす仕掛けがある?>
曲の最後がⅣのコードで終わっているので
完結感を感じない作りになっています
永遠に歌い続けるとか
恋が続くみたいな色々なイメージが湧きます
もし、ちゃんと曲を終わらせたい場合は、
トニックの「D♭コード」を弾いてみてください

 

新着情報

キーワードから記事を探す