「BELOVED」の楽曲分析をしましょう

GLAYの代表曲の一つ「BELOVED」を分析していきましょう

楽譜はこちら→「BELOVED楽譜」になります。
全体的な曲調はバラードミディアムロックチューン!

アコギとエレキギターでのアプローチ

ベースは「ルート弾き中心」のコードトーンを
所々に散りばめられたシンプルなライン

ドラムは「BPM112」の基本的な8ビートリズム

アンサンブルやそれぞれの楽器による
セクション毎の差別化アレンジが参考になります

イントロ:Fメジャー

イントロ説明図Ⅰ Ⅴ/Ⅶ│Ⅵm Ⅴ│Ⅳ│Ⅴ│アコースティックギターイントロ
Ⅰ Ⅴ│Ⅵm Ⅴ│Ⅳ Ⅲ7│Ⅵm│Ⅰ Ⅴ│Ⅵm Ⅴ│Ⅳ│Ⅴ│Ⅴ│

出だしのタクロウのアコギでのイントロは
3弦の開放弦をペダル音(共通音)として
アコギ一本でも拡がりのあるサウンドになっている

共通音がテンション音として機能するため

その他の音はそれぞれのコードトーンのアルペジオを中心に作られています
アコギのイントロが終わると今度はバンドでの演奏が始まります
タクロウはアコギでのバッキングに移り、ヒサシがエレキで単音ソロを弾きます

ヒサシのフレーズはギターソロの所でも解説していますが、
それぞれの「コードのコードトーン」を中心に
「ブルースロックの常套リック」を1カ所だけ入れて、
「チョーキング」、「ハンマリング」、「プリング」などを駆使しながら
「スケール的なアプローチ」をしています

コード進行は
基本の「3コード」とトニック代理Ⅵm、
セカンダリーコードのⅢ7しか出てきません

Aメロ(ヴァース):Fメジャー

Aメロ説明図Ⅰ Ⅴ│Ⅵm│×8
これでもかと言うくらいシンプルなコード進行で
Aメロは成り立っています
特徴はⅥmの時に少しバッキングで遊び(動き)がある所です
具体的には、サスフォーコードのオカズを「入れてあげる」、「あげない」を
2小節ずつ交互にアプローチしたり、

Ⅰ:4分音符、Ⅴ:8分音符、Ⅵm:8分タイと16分のブラッシング
とリズムがどんどん細かくなっていくというギターのアプローチが目立ちます

サブドミナントコードが出てこないのも特徴です

Bメロ(ブリッジ):Fメジャー&Dマイナーへ部分転調

Bメロ説明図Ⅳ Ⅲ7│Ⅵm│×3│Ⅳ Ⅴ│Ⅰ│Ⅴ│
Aメロがトニックとドミナントコードだけでしたので
ここのBメロでサブドミナントコードから始めてあげることにより
雰囲気が変わります

コードは基本的にAメロと同じ3つのコードしか使われていませんが
セカンダリーコードによってメジャーのFトニックから
平行調Dmへの「部分転調」を3回繰り返しています
そして、サビに行く手前でようやくトニックのⅠが出てきて明るくなり
だんだんと抑揚を付けて盛り上げて行き、
ドミナントコードで次のサビセクションに繋いでいます

Cメロ(サビ&コーラス):Fメジャー

Cメロ説明図Ⅰ│Ⅴ│Ⅵm│Ⅴ│Ⅳ│Ⅲ7 Ⅵm│Ⅱ│Ⅴ│×2
Ⅳ Ⅴ│Ⅵm│Ⅳ Ⅴ│

サビのコード進行はイントロの途中Ⅵmコードまで、
出てくるコード、並びは一緒ですがコードの長さが違います
サビはゆったりな1小説毎によるコードチェンジになっています
そして、BメロのⅢ7が8分クイで、繰り返され、
リズムに勢いがあったのと対照的にすることにより
一段とサビが落ち着いて聴くことができます
また、6小節目だけリズムをBメロと同じセカンダリーコードによる8分クイが入ることにより
サビの単調な8ビートリズムが良い感じにアクセントになっている所もポイントです
あとは、ツーファイブ進行が7、8小節目で出現しますが、ⅡmでなくメジャーのⅡにして
ダブルドミナントに近い演出をしている所もロックのバラードの曲では定番なアプローチです

わりとこの「マイナーのコード」を「メジャーのコード」にしてあげるだけ
で、ロックらしさが増します

これは、パワーコード的なアプローチとも解釈することが出来ます
どういうことかと言いますと
パワーコードは3度の音がありませんから、1度と5度だけで適当に歪ませて弾いていたら
曲が出来ちゃったパターンというロックギタリストによくある、
ダイアトニックコード理論を知らなくても作曲は可能というものです
俗にいう、ロックに理論なんて不要というやつです

ギターソロ:Fメジャー

ギターソロ解説図Ⅰ│Ⅴ│Ⅵm│Ⅴ│Ⅳ│Ⅰ/Ⅲ│Ⅳ│Ⅴ│
Ⅰ│Ⅴ│Ⅵm│Ⅴ│Ⅳ│Ⅳ│Ⅴ│Ⅴ│

ヒサシのギターソロはアドリブで作るのではなく
音をどこかに書き出し分解して
コードに合う音を分析してから作られることが多い
です
この曲では、コードトーン中心に組み立て
音価の長さ、チョーキングなどで装飾を付けながら
4小節目のドミナントコードでは
ブルースでお馴染みのM3度の音から始まる定番リックを絡めています

このブルースリックを所々に入れてあげることにより緩急が付けられます

後は、スケールの音を入れながら、リズムをジャストにしない
16分のリズムに3つの固まりと2つの固まりを弾くことにより
ポリリズム的な要素を出し、スリリングな演出も加えています

全体的に分析するとコードにとって「良い響きをする音」を
選んで構成されているためメロディアスなギターソロとなっています

【重要】オリジナル電子書籍のご購入について

オリジナル電子書籍の販売委託先を追加致しました。

■DLmarket(サイトメンテナンス中)
■BOOTH(https://jazz-book.booth.pm
値段等、全て同じ形式での販売となります。

ただし、BOOTHさんではサンプル版機能が無いため無料版という形式での対応となります。
ご購入前に必ず無料版を参照して、購入する価値があるか等
お手数をお掛け致しますがご確認をお願い致します。

DLmarketさんのサイトメンテナンスが終了し、販売できる状態になった場合も2社様でそのまま販売を継続致します。
イメージとしましては
Amazonさんだけに販売委託していたのを楽天さんにも販売委託するようなイメージになります。

3D映像を使った三和音(トライアド)コードの仕組み

よろしければ下記ボタンよりチャンネル登録よろしくお願いします。⇒

度数の仕組みと効率の良い覚え方_動画レッスン

ジャズギター初心者のためのレッスンサイト

ジャズの基礎を一から学べるようにカリキュラムを組んでいます ジャズギター初心者のためのレッスンサイト

ジャズギター初心者向け教則本(電子書籍)

BeginnerJazzImprovise
無料版はこちらからダウンロードできます。

BeginnerJazzGuidetoneChromaticApproach
無料版はこちらからダウンロードできます。

DiatonicScaleJazzStandardImproviseConcepts
無料版はこちらからダウンロードできます。

TwoFiveOnePhraseJazzImproviseConcepts
無料版はこちらからダウンロードできます。

JazzGuitarWalkingBassLine
無料版はこちらからダウンロードできます。

JazzGuitarBeginnerJazzBackingProgram
無料版はこちらからダウンロードできます。

JazzGuitarTonicPhraseBook
無料版はこちらからダウンロードできます。

ジャズギターオリジナル教則本(電子書籍)

BebopDominantScaleJazzStandardImproviseConcepts
無料版はこちらからダウンロードできます。

MinorConversionConcepts
無料版はこちらからダウンロードできます。

DiatonicChordCombineAlteredConcepts
無料版はこちらからダウンロードできます。

PentatonicJazzImprovisationConcept
無料版はこちらからダウンロードできます。

RhythmChangesImprovisationConcepts
無料版はこちらからダウンロードできます。

ブルースギターオリジナル教則本(電子書籍)

CallAndResponseBlues
無料版はこちらからダウンロードできます。

BluesSessionBackingPhrase40
無料版はこちらからダウンロードできます。

サイトコンテンツメニュー