秦基博『ひまわりの約束』を楽譜分析してみましょう

今回は、東宝系3DCGアニメ映画『STAND BY ME ドラえもん』主題歌で
ロングヒットしている

秦基博『ひまわりの約束』を音楽理論を使用して楽譜分析していきましょう

楽譜はこちら→「ひまわりの約束楽譜」になります。

この曲は原曲キーが「B♭メジャー」ですが
アコースティックギターで弾き語りをする場合などは
カポを使用した
5フレットにつけて、「Fメジャー」
又は
3フレットにつけて、「Gメジャー」
が演奏しやすいと思います

ちなみに秦基博さん本人は、PVで「5フレット」につけてますね

カポの意味が分からない方は、なぜ?カポを必要とするのかなど
最後の方に解説していますので良かったら参考にしてみてください

秦基博『ひまわりの約束』楽譜(コード進行表)

秦基博『ひまわりの約束』楽譜説明図「BPM=79」
イントロ:│B♭(1拍半)FonA│
│E♭(1拍半)B♭(1拍半)FonA(1拍)│
│Gm(1拍半)Dm7(2拍)│E♭(前の小節に8分音符クウ)│

Aメロ:┃B♭(1拍半)FonA│E♭(1拍半)B♭(1拍半)FonA(1拍)│
│Gm(1拍半)Dm7│E♭add9/Fsus4┃×2│B♭add9│
Bメロ:│FonE♭│Dm7/Gm7│Csus4/C│Fsus4(3拍)F│
│(ここだけ4分の2拍子→)F│
サビ:┃│:B♭/E♭│F/F♯dim│Gm7│Fm7/B♭│
│①E♭M7/Em7(♭5)│F/F♯dim│Gm/Em7(♭5)│Fsus4/F:│┃
│②E♭M7/D7│Gm/Em7(♭5)│E♭M7│E♭m7/Fsus4│
最初のイントロに戻ってそのまま2番を弾く
間奏(ストリングス):│Gm│FonA│E♭│B♭/FonA│Gm│Dm│E♭│Fsus4│F│
サビに戻ってラストサビを弾いてからエンディングへ行く
※ラストサビの最後は1小節追加(そのままFsus4を鳴らしておけば大丈夫です)
エンディングはイントロを弾いて、4小節目のE♭コードの部分を少し変更します
│E♭/B♭onD(1拍)Cm(1拍)│B♭│
追加したコードあたりから曲が終了する雰囲気を出すために
ゆっくり目に弾きます

『ひまわりの約束』で注目したいコード進行は
「ディミニッシュコード」と「Ⅳ♯m7(♭5)」というコードです

まず、それぞれ共通したファンクション機能があります
それは、「パッシングコード」という役割です
コードとコードの間を半音階で繋げてくれています
これにより滑らかなコード進行になります
そして、「Ⅳ♯m7(♭5)」という
一見難しそうなコードですが
これは、Ⅰコード(トニック)の代理和音として
結構、アレンジの凝った楽曲で見かけますので、
覚えて置きましょう!

カポタストとは何?

通称:カポと呼ばれている物です
これは、ネックに挟んで一つのフレットをまとめて
押さえてくれる便利な道具です
人差し指で押弦した時のセーハの役割を果たしてくれます
具体的にどういう時に使用するのかと言いますと
カポを付ける事によりバレーコードという
初心者さんにとってはハードルが高いコードを
簡単な押さえ方で同じ曲を演奏することが出来るようになります
カポがセーハの代わりになることにより
開放弦を使ったローコードで対応できるという事です
また、レコーディングなどでは、プロでも頻繁に使います
でもどうしてプロでもわざわざ使用するのかと
疑問に思いますよね?

この答えは
開放弦を含む和音を弾いた方が
美しく音が共鳴してくれるからなんですね
特にアコギの場合は響きが違います
もちろん、バレーコードだけで演奏する場合もありますが・・

<結論としましては>
運指をラクにしてくれて演奏に余裕が生まれ、
さらに開放弦がたくさん含まれるため
音も綺麗になるという優れものです

《当サイトの人気コンテンツ》音楽全般で使える教則本厳選100