星野源『Family Song』の楽譜分析をしてみよう

星野源『Family Song』の楽譜分析をしてみましょう。
この曲はドラマ「過保護のカホコ」主題歌です。

楽譜はこちら→「Family Song楽譜」になります。
星野源『Family Song』楽譜(コード進行表)

星野源『Family Song』楽譜説明図
イントロ:|G(1拍)DonF#(1拍)Em(1拍)D(1拍)|
| B(2拍)Em(2拍)|Am(2拍)Bm(2拍)|Cm(2拍)D(2拍)|
Aメロ:|G(2拍)Bm(2拍)|CM7(2拍)GonB(2拍)|
|Em(2拍)A7(2拍)|D(2拍)D7(2拍)|
|G(2拍)Bm(2拍)|CM7(2拍)GonB(2拍)|
|Em(2拍)Am(1拍)D(1拍)|G(2拍)(八分休符)Am(八分休符)Bm|
Bメロ:|CM7(2拍)D(2拍)|Bm(2拍)Em(2拍)|Am(2拍)Bm(2拍)|D7|
|CM7(2拍)D(2拍)|G(1拍)DonF#(1拍)Em(2拍)|Am(2拍)Bm(2拍)|
|D|D(2拍)Am(1拍)D(1拍)|
サビ:|G(2拍)C(2拍)|Bm(2拍)Em(2拍)|Am(2拍)Bm(2拍)|
|Cm(2拍)Am(1拍)D(1拍)|
|G(2拍)C(2拍)|Bm(1拍)B(1拍)Em(2拍)|Am(2拍)Bm(2拍)|
|Cm(2拍)Am(1拍)D(1拍)|
|①G(2拍)F#m7♭5(1拍)B(1拍)|Em(1拍)D#m(1拍)Dm(1拍)G(1拍)|
|Am(2拍)D(2拍)|
間奏1:|G(1拍)DonF#(1拍)Em(1拍)D(1拍)|B(2拍)Em(2拍)|
|Am(2拍)Bm(2拍)|Cm(2拍)D(2拍)|→Aメロへ戻る
間奏2:|②GM7(2拍)B♭M7(2拍)|Em(1拍) DonF#(1拍)G(1拍)A(1拍)|
|GM7(2拍)B♭M7(2拍)|Am(1拍)Bm(1拍)Cm(1拍)D7(1拍)|G(2拍)|
Dメロ:|Am7(2拍)GonB|Cm7(2拍)Dm7(1拍)G(1拍)|Am7(2拍)GonB|Cm7|
|D|D(1拍半)Am(1拍半)D(1拍)|→サビに戻る
エンディング:|G(1拍)DonF#(1拍)Em(1拍)D(1拍)|
|C(1拍)GonB(1拍)AmonD(1拍)D#dim|
|Em(1拍)Dm(1拍)C(1拍)GonB(1拍)|
|Am(1拍)GonB(1拍)Cm(1拍)D(1拍)|

楽曲キーはGメジャーキーになりますので、
ギターで弾き語りをする時は「カポなし」で弾くことができます。

セクションの切り替わりでリズムのキメを決めるのが「Family Song」弾き語りのコツです。

トニックのGからドミナントのDまで順次下降してるベースラインがイントロの導入に使われています。
リスナーさんを歌の世界に導く感じがなんとも言えない星野源さんの見事な作曲アレンジです。

サビで定番のコード進行「4536」をブリッジ部分であるBメロに使用していることからいかに、
JPOPミュージックにおいてこの「4536」進行が万能コード進行であるかがお分かりになると思います。

サビの後半部分にマイナーコードの連結で、メジャーキーでありながら、
少しだけ切ない雰囲気をコード進行のアレンジにより演出しています。

サビの頭はトニック→サブドミナントトニック代理2小節と安定感のあるコード進行
タイトルの「Family Song」を表す温かみのある包み込む雰囲気のコード進行です。
そこに後半で先程解説したマイナーコード進行の連結で
コード進行に物語がでるような動きを出しています。

《当サイトの人気コンテンツ》音楽全般で使える教則本厳選100