いきものがかり『熱情のスペクトラム』を楽譜分析してみよう

テレビアニメ「七つの大罪」のオープニングテーマでお馴染みの

いきものがかり『熱情のスペクトラム』を音楽理論を使用して楽譜分析していきましょう

テンポは「BPM=160」と結構速いです
コードチェンジはシンコペーションがたまに出てきます
ですので、そこだけは意識して弾きましょう
あとは、速さに慣れるしかないです

いきものがかり『熱情のスペクトラム』楽譜(コード進行表)

いきものがかり『熱情のスペクトラム』楽譜説明図前の小節に8分音符クウ場合=@としてコードの前に表示します
イントロ:│F♯7│Bm│Em│A│D│C♯m7(-5)/F♯7onA♯│
│Bm(1拍)BmonA(1拍)/G♯m7(-5)│Em│F♯7onA♯│
│Bm│Em│A│D│Em(1拍半)F♯7│
│(1拍ずつ)→Bm AonC♯ BmonD BmonF♯│Em│F♯7│
間奏:│Bm/A│@GM7(2拍半)BmonF♯│@Em│@F♯7│
Aメロ:│Bm│BmonA│GM7(2小節)│
│Bm│BmonA│GM7│GM7(2拍半)DonF♯(1拍半)│
Bメロ:│Em7/A7│F♯m7/Bm7│Em7/A♯dim│
│Bm(1拍)BmonA(1拍)/G♯m7(-5)※1│G/A7│F♯m7/Bm7│
│Em7(2小節)│F♯7(2小節)│
サビ:│Bm│Em│A│D│C♯m7(-5)(1拍半)F♯7onA♯(2拍半)│
│Bm(1拍)BmonA(1拍)/G♯m7(-5)│Em│F♯7onA♯│
│Bm│Em│A│D│Em(1拍半)F♯7(2拍半)│
│(各コード1拍ずつ)Bm AonC♯ BmonD BmonF♯※2│Em│F♯7│
→2番は間奏に戻って、サビまで弾く
ギターソロ:│Bm│@C│D│Bm│Em7│F(2小節)│
│F♯sus4│@B(2拍半)BonF♯(1拍半)│
Dメロ:│G│AonG│F♯m│Bm│Em│Bm(1拍半)AonC♯│@D│
│@EonG♯│@G│F♯m│@Bm│Em(2小節)│F♯7(3小節)│
→サビに戻ってからエンディングへ行く
エンディングは間奏と同じコード進行を2回繰り返して
最後の小節だけ│F♯7(2拍半)F♯7onC♯│Bm│これに代えて終了です
※1:2番は│Bm(1拍)AonC♯(1拍)/D│
※2:ラストサビは│Bm(1拍)BmonA(1拍)/G♯m7(-5)│

サビの「コード進行」を分析してみよう

まず、最初の4小節は定番の「Ⅵm-Ⅱm-Ⅴ-Ⅰ」
これは、2小節目のサブドミナント同士が入れ代わった
「Ⅵm-Ⅳ-Ⅴ-Ⅰ」とセットで覚えて置くと良いでしょう
ポップスミュージックでは、欠かせないコード進行です
5小節目は、6小節目のBmコードに解決する
「マイナー版のツーファイブ」です
6小節目はコードの機能で捉えると
全て、トニックコードの役目をしています
細かく動かしているだけという感じですが
ベースラインが綺麗に下降しています

Ⅳ♯m7(-5):G♯m7(-5)は前回も解説しましたが、
トニックコードの代理として使用されます

7、8小節目は、サブドミナント→セカンダリードミナントという流れで
6小節目から見ると、安定から不安定なコードへチェンジしていきます
こうすることにより、次のセクションに繋げやすくなります
後半8小節は前半とほぼ一緒ですが、若干アレンジされています
具体的に解説しますと
5小節目は先程説明した、音楽理論をそのまま使っています
前半の7、8小節目を1小節にまとめただけです
そして、次の小節は、コードが4つ出現して複雑に見えますが

ベースラインを優先した結果、コード表記上難しく感じるという
音楽理論を苦手としている方にはお手上げかもしれません

ただ、冷静に分析すると
B音からなるべくスケール音的に上昇したいと
考えると簡単に導き出せます
ちなみに、D音とF♯音はそれぞれBmコードの構成音の3度、5度に
なりますので、コードを展開しているだけということです

《当サイトの人気コンテンツ》音楽全般で使える教則本厳選100