いきものがかり『ラブソングはとまらないよ』を楽譜分析してみましょう

「カルピスウォーター」のCMソングでお馴染みの

いきものがかり『ラブソングはとまらないよ』を
音楽理論を使用して楽譜分析していきましょう

いきものがかり『ラブソングはとまらないよ』楽譜(コード進行表)

いきものがかり『ラブソングはとまらないよ』楽譜説明図前の小節に8分音符突っ込む場合=@としてコードの前に表示します
イントロ:│D(2小節)│
サビ:前半│D│AonC#│Bm7│A│Gadd9│DonF#│E7sus4/E7│A│
後半│D│(3拍)AonC#(1拍)F#│Bm7│A│Gadd9/F#7onA#│
│(1拍)Bm(1拍)Bm7onA(2拍)G#m7(-5)│
│Em7│Asus4/A│Bm│
間奏:│Em7│A│D│G│EonG#│Asus4│A│
Aメロ:│D│AonC#│Bm7│A│Gadd9│DonF#│Em7│Asus4/A│
│D│AonC#│Bm7│Am7/D│Gadd9│DonF#│Em7│A│
Bメロ:│GM7│Gm│F#m7/F#7│Bm│E│E│Em7│Asus4│A│
→サビに戻るが間奏1の部分を間奏2に変更してAメロに入る
間奏2:│Em│F│(1拍半)GonA(1拍)F#monA(1拍半)A│
3回目のサビは後半だけ弾いて、間奏3に進む
間奏3:│Gm7/C7│@F/B♭│@Em7(-5)/A7│Dm/D7│@Gm7/C7│A7onC#/Dm│
│(1拍半)Gm(2拍)Am│@Dsus4/D│
→Bメロに戻って、ラストサビ直前に進む:│B♭sus4│B♭│
ラストサビは基本的にサビをそのまま半音上のキーE♭メジャーに転調するだけ
│E♭│B♭onD│Cm7│B♭│A♭│E♭onG│F7sus4/F7│B♭│
│E♭│(3拍)B♭onD(1拍)G7│Cm7│B♭│A♭/G7onB│
│(1拍)Cm(1拍)Cm7onB♭(2拍)Am7(-5)│Fm7│B♭sus4/B♭│E♭│E♭│
エンディング
│Cm7│Fm│B♭│E♭│A♭│FonA│B♭sus4│B♭│A♭onC│B♭onD/B♭7│E♭│

テンポは「BPM=114」
ミディアムバラードの「エイトビートナンバー」です

サビは、メロディがあまり変化しませんが、
コード進行が前半8小節と後半9小節で少し違います

具体的に言いますと
後半は前半のコード進行をより細かくアレンジしています
セカンダリードミナントのF#7などが付け加えられていたりします

前半のコード進行は
ベースラインが順次に下がっていく「ポップス王道のコード進行」です

理論的に言うと「クリシェライン」というものです
「D→C#→B→A→G→F#→E」とベースラインが下降して
最後セカンダリーEでAコードに強進行
その次もAがDにドミナント進行していますので
E7は「ダブルドミナントコード」でもあります
こうやって分析すると
音楽理論の基礎がたくさん使用されているのが分かると思います

サビのメロディは
「コードトーン」のルート音での同音連打のメロディが特徴的です

ルート音のメロディは安定感が抜群ですので
力強いメロディーにぴったりです
いきものがかり『ラブソングはとまらないよ』メロディ楽譜説明図
・1小節目のDコードに対して:D音での同音連打5つ
・2小節目のAonC#コードに対して:A音での同音連打3つ
・3小節目のBm7コードに対して:B音での同音連打5つ
コードに対してそれぞれの「ルート音」を連続で弾くだけですので
とてもシンプルです
もちろんこれだけでは、単調になってしまいますので
このメロディに(スケール音)装飾音も付けています

新着情報

キーワードから記事を探す