「振り向けば」の楽曲分析をしてみよう

卒業の時期に聴きたくなる
Janne Da Arcの「振り向けば」の楽曲分析をしていきましょう

イントロ:Aメジャー

イントロ説明図Ⅰ│Ⅴ│Ⅳ│Ⅴ│Ⅳ│×2│Ⅵm7│Ⅴ│Ⅳ│Ⅴ│
イントロは2部構成で出来ています
前半はメジャーのコードだけのコード進行なので
爽やかな明るい雰囲気で
後半でトニックの代理マイナーコードだけ入れ換えてあげるだけで、
少し悲しい感じの雰囲気になっています

そして「ドミナントコードの割合が多い」のも特徴です

トニック│ドミナント│サブドミナント│ドミナント│という感じで
交互にⅤのコードが出てきます

Aメロ(ヴァース):Aメジャー

Aメロ説明図Ⅰ│Ⅴ│Ⅳ│Ⅴ│Ⅰ│Ⅴ Ⅴ♯dim│Ⅵm7│Ⅳ Ⅴ│
Aメロのコード進行は
イントロの前半と同じコード進行が
モチーフとなって展開しています
後半の4小節で次のBメロに行く準備をしています

そして「パッシングディミニッシュ」が使われている所もポイントとです

スケール内の音&ダイアトニックコードの音でないため
ここの部分で少しジャジーといいますか少し不安感を感じると思いますが
すぐに、トニックの代理コードに解決していますので、
ノンダイアトニックコードでも大丈夫なんですね~
8小節目は定番の4-5で次のトニックが来るのが予想されますが・・

Bメロ(ブリッジ):Aメジャー

Bメロ説明図Ⅲm7│Ⅵm7│Ⅳ Ⅴ│Ⅰ│Ⅲm7│Ⅵm7│Ⅳ│Ⅴ│ブレイク│
トニックのもう一つの代理コードで始まって、
前の小節から偽終止が使われています
ドミナントモーションでⅠが来るのかと思いきや代理ですよ~というやつです
Bメロはマイナー感とメジャー感の中間くらいの位置づけとなっています
Aメロがわりと明るかったので、
このBメロで「マイナーコードの連続」から始めることにより
キーは平行調に転調していませんが暗い雰囲気を少しだけ演出しています

ポップスには欠かせない場面展開の部分です

最後にドミナントコードで終わり1小節ノンコードでブレイクを取っています
サビのメロディはこの部分から弱起で始まっていきます(2拍半前から)

Cメロ(サビ&コーラス):Aメジャー

Cメロ説明図ⅠⅢ/Ⅶ│Ⅵm7 Ⅴ│Ⅳ Ⅴ│Ⅲm7│Ⅳ│Ⅰ Ⅵm7│Ⅳ│Ⅴ│
 前半4小節は同じ    │Ⅳ Ⅴ│Ⅵm7│Ⅳ│Ⅴ│

サビの前半はメジャーのコードの定番となる進行です
具体的には、
ベースラインがルートから順番に下がって行くので美しい流れになっていて
明るい雰囲気でありながらも、どこかちょっぴり切ない綺麗な進行です

そしてⅥm7へのセカンダリーコードとしてⅢがマイナーでなくメジャーコードになっています

後半は「サビを繰り返すのか」「別のセクションに行くのか」で
最初の2小節が若干変化しています

こういった使い方は是非覚えておきましょう

ギターソロ:Cメジャー

ギターソロ説明図Ⅰ│Ⅰ│Ⅴ│Ⅴ│Ⅳ│Ⅳ│Ⅲsus4│Ⅲ│
ここのギターソロは2コーラス目のサビに行く前に入れられています
一般的には、
サビの2番が終わってからギターソロなどのDメロが来るんですが
この「振り向けば」ではBメロの後に別の雰囲気のコード進行が来ているので
これはこれで、斬新なアイディアで、素晴らしい構成になっています

サビが必要以上に繰り返されないので、飽きにくい曲になります

そして、ポイントは今までAメジャーのキーで作られていたのが
ここで短3度上のCメジャーに転調しています
難しく言いますと、

Aメジャーの同主調Aマイナー→Aマイナーの平行調Cメジャー
に転調しているとも言えます

コード進行もこれでもかと言うくらい明るいメジャーコードだけのコード進行になっています
また、7、8小節目で
「AメジャーのドミナントコードE」を使用して「基のサビのキー」に違和感なく戻ってきます
サスフォーの使い方も勉強になります

とここまでアナライズすればほぼ「振り向けば」の楽曲構造は理解出来るのですが、
一つだけおもしろい所がありましたので、説明しますね
それは何かと言いますと、

一番最後のコードがドミナントコードで終わっているので、
曲がまだ続いているように感じるんですね

なんでわざわざこんなことをしたのかと勝手に独自解釈ではありますが・・

{振り向けば君がいてまたさりげなくー}の後のストーリーは
リスナー各自で想像してくださいみたいなメッセージ!?が込められている。たぶん・・
{さりげ~なく}の後はどうなるのでしょうか?
コードが解決していないのと歌詞から色々と考えてしまいませんか?

こういった曲の作り方も大変参考になります
すべての曲を「完結させなきゃいけない」ということではないということですね
ちなみに、トニックのAコードを弾いてあげると
曲がちゃんと終わったように聴こえますので、試してみてください

《当サイトの人気コンテンツ》音楽全般で使える教則本厳選100