柴咲 コウさんの「かたちあるもの」を分析してみよう

今回取り上げる柴咲コウさんの「かたちあるもの」は
ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」の主題歌で有名ですよね

で、なんでこの曲を解説するかといいますと
曲自体は素晴らしいのは、もちろんですが、
曲の構造も非常に参考になり、音楽理論を実践で役立てるのに
最適な楽曲でしたので、選びました

では早速一緒に勉強していきましょう

イントロ:Aメジャーキー

イントロ説明図コード進行をローマ数字で表すと
Ⅰ/Ⅲ Ⅳ→Ⅴ Ⅵm Ⅴ→Ⅳ Ⅰ/Ⅲ →Ⅱm7→Ⅱm7/Ⅴ
最初にトニック-サブドミナント-ドミナントと定番の「いち・よん・ご」
そしてドミナントから「偽終止」のトニック代理にいってから
後半は逆にドミナント-サブドミナント-トニックと「クラシックでは禁止」
されているコード進行が使用されています
そしてトニックからお馴染みの「ツーファイブ」で終了しています

このツーファイブは、Ⅱm7→ⅤでなくⅡm7→Ⅱm7/Ⅴ
と分数コードにして少し終止感を弱めています

このイントロの特徴はなんといっても

ベースラインが滑らかなラインになっている所です

最初から3456と上がって行き、次に6から5432と下がって行き
最後にドミナントモーションの5で終わって次のAメロに繋げているのですが・・
実際に聴いてみると実感するのですが、美しいベースラインにより
オシャレといいますか、すごく聴いていて気持ち良いと思います

Aメロ(ヴァース):Cメジャーキー

Aメロ説明図イントロはAメジャーでしたが、ここで「短3度上に転調」しています
これは、Aメロの最後でドミナントモーションをして
Aメジャーに落ち着くかと思いきや
Cメジャーに転調させて、少し、リスナーを驚かす仕掛けがしてあります

でこの転調のさせ方はJPOP音楽ではよくやります
どういうことかと言いますと
Aメジャーの同主調はAマイナーですよね
そしてAマイナーの平行調はCメジャーですよね
こうやって、同主調や平行調は組み合わせて使うといったやり方がこの曲では学べるんですね~

コード進行は
循環進行「いち・ろく・に・ご」をベースにアレンジされています

最初に、Ⅰのコードを「メジャーのクリシェ」を利用して
ベースラインがルートから半音で下がっていきます

Ⅰ→Ⅰ/Ⅶ→Ⅰ/♭Ⅶ これが「いちの部分です」
そして「ろく」で次のⅡに行くためにⅥmでなくセカンダリーコードとして
メジャーになっていますがセブンスコードではありません

さらに、一旦sus4コードを挟んで、解決感を遅らしています

→Ⅵsus4 Ⅵ→

後半のⅡmは、これまた今度は「マイナーのクリシェ」を使用しています

Ⅱm→Ⅱm△7→Ⅱm7
もしくは
Ⅱm→Ⅱm/♭Ⅱ→Ⅱm/Ⅰ
これは、ベースラインが下降しているため表記上は
下の方が、正しいですが・・
演奏する時は上の表記の方が演奏しやすいので、両方書きました

そして最後にそのままⅤでもう一回繰り返すため
循環するために(Ⅰに戻るために)使われています

この進行を2周りします

ここのコード進行だけで、クリシェライン、循環進行の発展の仕方
sus4の使い方など色々な音楽理論の要素が詰め込まれています
Bメロ(ブリッジ):Cメジャーから徐々に転調の準備をしています

Bメロ説明図最初のコードはドミナントのⅤから始まり、
トニック、ツーファイヴと前半の4小節は成り立っています
しかし、ここで注目するのは、またまたベースラインです
Ⅴのコードを第三転回した7thの音をボトムに持っていき
次のトニックは第一転回で長3度の音をボトムに持っていき
4325という下降ラインが作られています
そして後半の4小節に向かう前にベースがまた一音下がり
Ⅲm7に半音で導いています

後半の4小節は、
この曲で一番分析するのが難しい高度なテクニックが使用されています

Ⅲm7→Ⅳ△7ここまでは、普通なのですが
次に来るコードが♭Ⅶ7なんですね
これは、ここのまま考えるとCm同主調のサブドミナントマイナーですよね
ですから、ちょっと切なく感じると思います
しかしサビがF♯マイナーつまり、平行調で考えるとAメジャーなので
Aメジャーの裏コードとも無理やり考えられますが・・

♭Ⅶ7は「サブドミナントマイナー」と解釈しましょう

そしてここから一気に滑らかに転調していきます
AメジャーキーのドミナントEコードから
サブドミナントⅣ:D、Ⅱm7:Bm7
分数コード(第一転回)を連続させて、Bm7のⅡm7/Ⅴに
ベースラインを繋げています
そしてAコードに着地すると予想しますが、ここでもうワンクッションあるんですね~
それは何かと言いますと、Aの平行調のF♯mに転調するために

「セカンダリードミナント」がBメロの最後のコードになります

C♯7というコードで見事にCメジャーからF♯mに転調することが出来ました
このサビに行く直前はCDを聴くとめちゃくちゃカッコイイ部分ですので
チェックしてみましょう

Cメロ(サビ&コーラス):F♯マイナーキー

Cメロ説明図ここでは、分かりやすくするために、
「Aメジャーを基準としたローマ数字」で表記します
♭がたくさん出てきてしまうために見づらくなるので・・

前半4小節は
Ⅵm Ⅳ→Ⅴ Ⅲ7→Ⅵm Ⅵm7
もしくはⅥm/Ⅴ Ⅱ7/♯Ⅳ→Ⅱm7/Ⅴ→Ⅵm
となっており、コードがそれぞれ2拍ずつ「6453」と「定番のコード進行」になって

3小節目でⅥmからベースラインが下降していき
最後に「偽終止」で繰り返すように工夫されている

5小節目は基本的に前半4小節と変わらないが、最初のコードが偽終止で終わっていたので

Ⅰmの「トニックの代理」としてAコードになっている

また、コード進行をスムーズにするために第一転回している

そして最後の8小節目もイントロに戻るためにⅣ/Ⅵ Ⅴとなって
サブドミナント-ドミナントで終わり、イントロのトニックAに解決します

でそのまま2番も解説しても良いのですが
2番の分析は、みなさんでやってみてください
というか、1番のコード進行を少しだけ削っているだけですので、簡単だと思います・・
途中のオーケストラ間奏はF♯マイナーで、
最後にBメロの転調部分をくっつけているだけですので
自分で分析してみてください

ここで、敢えてコードの表記をローマ数字にしましたのは、

コード進行をストックするため

コードの役割を理解しやすいため
(ただ英字で書かれているより、ⅤとかⅣの方がコードの機能を分析しやすい)

最終的に、キーとローマ数字で、自分でコードを当てはめて、力をつけて欲しいため

と、様々な理由から、ローマ数字中心で解説しています
一応、所々に英字で、答え合わせが出来るように、書いていますが・・

楽曲を分析してみていかがだったでしょうか?

この一曲をアナライズしただけでも、たくさんの音楽理論が使われていたのが
お解かりになられたでしょうか?
こんな感じで、いろいろな曲を分析していくと、作曲の幅が拡がりますから
頑張って行きましょう!!

新着情報

キーワードから記事を探す