ケツメイシ『バラード』の楽譜分析をしてみよう

ケツメイシ『バラード』の楽譜分析をしてみましょう。

楽譜はこちら→「バラード楽譜」になります。
ケツメイシ『バラード』楽譜(コード進行表)

ケツメイシ『バラード』楽譜説明図

イントロ:│E♭(2拍)B♭onD(2拍)│Cm7(2拍)B♭(2拍)│A♭(2拍)Gm(2拍)│Fm7│B♭│
Aメロ:│E♭(2拍)A♭M7(2拍)│B♭(2拍)E♭(1拍)B♭onD(1拍)│Cm(2拍)Gm(2拍)│A♭M7(2拍)B♭(2拍)│
│E♭(2拍)A♭M7(2拍)│B♭(2拍)E♭(1拍)B♭onD(1拍)│Cm(2拍)Gm(2拍)│A♭M7(2拍)E♭(2拍)│
Bメロ:│Cm(2拍)Gm(2拍)│A♭M7(2拍)E♭(1拍)B♭onD(1拍)│Cm(2拍)Gm(2拍)│A♭M7(1拍)B♭(1拍)E♭(2拍)│
│A♭M7(2拍)G7(2拍)│Cm(2拍)F7(2拍)│Fm7(2拍)Gm7(2拍)│A♭M7│B♭│
サビ:│E♭(2拍)B♭onD(2拍)│Cm(2拍)GmonB♭(2拍)│A♭(2拍)E♭onG(2拍)│Fm(2拍)B♭(2拍)│
│Cm(2拍)Gm(2拍)│A♭(1拍)G7(1拍)Cm(1拍)B♭(1拍)│A♭(1拍)Gm(1拍)Fm(1拍)B♭(1拍)│E♭(2拍)B♭(2拍)│
ラップ:│E♭(2拍)B♭onD(2拍)│Cm(2拍)GmonB♭(2拍)│A♭(2拍)E♭onG(2拍)│Fm(2拍)B♭(2拍)│
│Cm(2拍)Gm(2拍)│A♭(1拍)G7(1拍)Cm(1拍)B♭(1拍)│A♭(1拍)Gm(1拍)Fm(1拍)B♭(1拍)│E♭(2拍)B♭(2拍)│Aメロへ
間奏オーケストラ:│E♭(2拍)B♭onD(2拍)│Cm(2拍)GmonB♭(2拍)│A♭(2拍)E♭onG(2拍)│Fm(2拍)B♭(2拍)│
│Cm(2拍)Gm(2拍)│A♭(1拍)G7(1拍)Cm(1拍)B♭(1拍)│A♭(1拍)Gm(1拍)Fm(1拍)B♭(1拍)│E♭(2拍)B♭(2拍)│
大サビ:│A♭│B♭onA♭│Gm│Cm│A♭│B♭onA♭│G7│Cm│B♭(1拍)A♭(1拍)Fm(1拍)B♭(1拍)│E♭│A♭│B♭│B♭│
ラストサビ:│E♭(2拍)B♭onD(2拍)│Cm(2拍)GmonB♭(2拍)│A♭(2拍)E♭onG(2拍)│Fm(2拍)B♭(2拍)│
│Cm(2拍)Gm(2拍)│A♭(1拍)G7(1拍)Cm(1拍)B♭(1拍)│A♭(1拍)Gm(1拍)Fm(1拍)B♭(1拍)│E♭(2拍)B♭(2拍)│
ギターソロ(エンディング):│E♭(2拍)B♭onD(2拍)│Cm(2拍)GmonB♭(2拍)│A♭(2拍)E♭onG(2拍)│Fm(2拍)B♭(2拍)│
│Cm(2拍)Gm(2拍)│A♭(1拍)G7(1拍)Cm(1拍)B♭(1拍)│A♭(1拍)Gm(1拍)Fm(1拍)B♭(1拍)│E♭(2拍)B♭(2拍)│

打ち込み主体でなく生バンド主体の楽曲で、
ストリングスが暖かみを感じるスケールの大きな楽曲です。

ケツメイシの楽曲作りのコード進行の特徴は基本シンプル
(ループ:代表曲さくら等)のコード進行が多いのですが
この「バラード」はコード進行にたくさんのバリエーションが使われています。
ドラマティックな感動PVに合う起承転結をこれらのコード進行から表現されています。

サビのコード進行でラップ、オーケストラソロ、ギターソロ等色々なメロディが乗っているのも特徴的です。

ピアノやギターで弾き語りをするときは、分数コードもしっかり入れて弾いてあげるのがコツになります。
ベースラインのアレンジがしっかり弾けると一人で演奏しても十分聴かせらる伴奏サウンドになります。

最後のギターソロは途中でCマイナーペンタトニックスケールから
短3度上のE♭マイナーペンタトニックスケールに切り替え
アウトフレーズを弾いたり、ブルースフィーリングたっぷりの泣きのギターソロを聴くことができます。
ギタースタジオミュージシャンになりたい方は参考になるメロディアスアウトギターワークになります。