コブクロ『陽だまりの道』を楽譜分析してみよう

関西テレビ・フジテレビ系ドラマ「ブラック・プレジデント」
主題歌で話題の感動バラードソング

コブクロ『陽だまりの道』を楽譜分析してみましょう

コブクロ『陽だまりの道』楽譜(コード進行表)

コブクロ『陽だまりの道』楽譜説明図イントロ:│A♭│G♭/D♭│G♭(1拍)A♭(1拍)/D♭│B♭m/Fm│
│[4分の2拍子]G♭(1拍)A♭(1拍)│D♭add9(2小節)│
Aメロ:│D♭/A♭│G♭(1拍)A♭(1拍)/D♭│
│G♭/A♭│D♭/D♭7│G♭/F│
│B♭m(1拍)B♭mM7(1拍)/B♭m7│E♭m/Fm│G♭/F│
Bメロ:│G♭M7│A♭│Fm7│B♭m7│A♭/A♭sus4│A♭│
サビ:│D♭│B♭m│Fm│B♭m│G♭│Fm│E♭m│G♭onA♭(3拍)G│
│D♭│B♭m│Fm/F│B♭m(3拍)B♭m7onA♭│
│G♭(1拍)A♭(1拍)/D♭│B♭m/Fm│
│[4分の2拍子]G♭(1拍)A♭(1拍)│D♭add9(2小節)│→Aメロに戻る
ストリングスソロ:┃E♭m7│Fm7┃×2│A│B│D♭│
Dメロ:│G♭│A│E│E│A│G♭│A♭│A♭│A♭(2拍)│→サビに戻る
エンディング:│G♭(1拍)A♭(3拍)││G♭M7/D♭│
┃G♭(1拍)A♭(1拍)/D♭│B♭m/Fm┃×2│G♭(1拍)G♭m│D♭add9│

『陽だまりの道』は
BPMが「81」ですので、スローバラードといった感じでしょうか

リズムも16分でなく「8ビート」主体になっています
フィンガーピッキングでアコギを弾くと雰囲気が出しやすいと思います

<ギターでの演奏の場合>
キーがD♭メジャーですので、
バレーコードが多くなるので、ファームがキツイって方は
カポを1フレットにつけてキーをCメジャーにすると
簡単に弾けるようになると思います
コードは全体的に、ほぼD♭メジャーキーのダイアトニックコード内を使用していますが
一部に「サブドミナントマイナー」のコードを入れています

オーケストラソロの│A│B│D♭│の部分

同主調であるキー=D♭マイナーのダイアトニックコード
A(サブドミナント)、B(ドミナント)
マイナーキーに属するコードから借りてきているので、
それぞれメジャーコードではありますが
後ろにマイナーを付けて「サブドミナントマイナー」と呼びます
ここの部分で少し違った雰囲気を感じると思います

エンディングのラスト2小節の部分┃G♭→G♭m→D♭add9┃

これはG♭→D♭add9でも全然成立するのですが
少し単調すぎるんですね
こういった時にⅣ→Ⅳm→Ⅰ
としてあげるだけで、グッとメロウな雰囲気を出すことが出来ます
コードアレンジのテクニックとして、是非覚えて置いてください

メロディはAメロ、Bメロ以外は二人のハモリで構成されています
大体「3度音程」のハモリが中心になっています

《当サイトの人気コンテンツ》音楽全般で使える教則本厳選100