miwa『君に出会えたから』を楽譜分析していきましょう

資生堂「シーブリーズ」のCMソングで話題の
miwa『君に出会えたから』を楽譜分析していきましょう

楽譜はこちら→「君に出会えたから楽譜」になります。
miwa『君に出会えたから』楽譜(コード進行表)

miwa『君に出会えたから』楽譜説明図イントロ:│G(3小節)│D│
間奏:┃G│GaugonD#│Em│F│Cadd9│GonB│
│Am7│D7sus4(1拍半)D7(2拍半)┃×2
Aメロ:┃Cadd9(2小節)│Em7(2小節)┃×2
Bメロ:│Am7│GonB│B7onD#│
│Em│C(付点8分音符)D(付点8分音符)Em(2拍半)│
│Em(付点8分音符)DonF#(付点8分音符)G(2拍半)│Am7│ConD│D│
サビ:│G│GaugonD#│Em│F│Cadd9│GonB│C│D7/B7onD#│
│Em│EmM7onD#│Em7onD│C#m7(-5)│C│D7│G│G│
→間奏に戻るが、間奏の部分は、リピートしない
2回目のサビの最終小節から↓
Dメロ:│Dm7/G7│C│C│GonB│GonB│Am7│D7│G│Dm7/G7│
│C│C│GonB│Em7│Am7│GonB│C│D7│D7│
Eメロ(サビとほぼ同じメロディですがコード進行に少し変化がある):
│G│B7onD#│Em│F│Cadd9/C│GonB│Am7│D7│
│Em│EmM7onD#│Em7onD│C#m7(-5)│C│D7│
→サビに戻って、終わったら間奏に行き、繰り返しを実行して
曲の締めとして│Gadd9(1拍半)G(2拍半)│を4回弾いて終了!!

間奏で「GaugonD#」という一見難しそうなコードがありますが
これは、一体どういうコードを表しているの?

まず、Gメジャートライアドのコードトーンを考えてみましょう
構成音は、ルート(G)・M3度(B)・完全5度(D)
となりますね
で、この完全5度の音を半音上に上げてみると
完全5度が増5度(D#)になるのは分かりますよね
そして、この状態をコードネームで表すと
Gオーギュメントコードとなり
構成音は、ルート(G)・M3度(B)・増5度(D#)
たった一音だけ変化しただけですね
これで、左側のGaugという謎のコードが理解出来ました

次に、「on~」という部分も解説しますね

onというのはベースの音を表しています
すなわち、一番低い音がルート以外になっているという指示のことです
ということは、

<バンドで考えた場合>
ギターがGaugを弾いて
ベースがD#を演奏すると綺麗な響きになります
もっと詳しく音楽理論的に言い換えますと
コードの構成音がベース音に来ているだけで「第二転回コード」になっていると捉える事ができます

一応説明しますと
D#という音はGオーギュメントコードでは増5度の位置づけで
立派なコード構成音です
そして、その増5度をルートより低い音に持ってきますので
転回していると言います
・3度の音をベース音にした場合=第一転回
・5度の音をベース音にした場合=第二転回
と音楽理論では表します

まとめますと
「GaugonD#」は「G」の5度だけが変化して
その音がベース音になっているということです

サビのメロディは、
「付点8分音符」を軸とした譜割りが特徴的です

バッキングのリズム(サンバ?っぽい)を利用したメロディという感じです
ちなみに、『君に出会えたから』の主となっている
バッキングパターンを一応示して置きます

「(付点8分、付点8分、4分、8分、8分、16分、16分)音符」

 
アコースティックギターで弾く場合は
ストロークの空振りがポイントになります
テンポが「BPM=140」と結構速いので練習が必要です