NEWS『ONE -for the win-』を楽譜分析してみよう

今回は、日本テレビ系『ブラジル2014』テーマソングで
お馴染みの楽曲

NEWS『ONE -for the win-』を楽譜
分析していきましょう

NEWS『ONE -for the win-』楽譜(コード進行表)

NEWS『ONE -for the win-』楽譜説明図イントロ:│E(5小節)│B│A│B│
Aメロ:│E│B│F#m│A│A/B│×4
Bメロ:│A│B│C#m7│G#m7│A│B│C#│C#│
サビ:│C#m│A│E│B│×4
間奏:サビのコード進行をそのまま8小節使用→Aメロに戻るが
2番はAメロの後半を省略する
Dメロはサビの最後のコードを│B(1拍半)Bsusu4│に変えて
これまたサビのコード進行を7小節用いて
│Bsus4(付点8分音符)B│C#m(3拍)│→サビに戻る
エンディングもサビのコード進行を8小節弾いて
最後に、この曲のキー(トニックコード)である
C#mコードで解決して終了です

テンポは「BPM♪=132」で
キック4つ打ちには丁度気持ちい良い速さです

『ONE -for the win-』のコード進行は上記を見れば
一目瞭然ですが
比較的シンプルに構成されています

敢えて特徴的な進行を取り上げると3つあります

まず、Bメロ前半「Ⅳ(A)→Ⅴ(B)→Ⅵm(C#m)→Ⅲm(G#m)」
サブドミナント→ドミナント→トニック
という基本的なケーデンス

そして2つ目は後半の「C#コード」
本来ならC#mとマイナーコードになるはずが
メジャーになっています

3つ目がサビや間奏、エンディングとあらゆる所で出てくる
「Ⅵm(C#m)→Ⅳ(A)→Ⅰ(E)→Ⅴ(B)」です
このコード進行は少し切なさがありながらも
明るい雰囲気も感じ取れる万能なコード進行です
この曲の場合は、力強さが全面的に伝わってきます

ちなみに、B’zの「TIME 」の場合は切なさが
かなり出ています

ということからも、色々な場面で活躍できる
コード進行ですので、引き出しとしてストックして置きましょう

また、歌詞には入っていませんが、間奏などでウオウオ~♪という
コーラスがあるので、みんなで一つになって歌えます
応援歌にぴったりな作り方ですので参考になります

「メロディ」はコード進行とは対照的に少しキーが高かったり
フレーズパターンが多かったりと、少し複雑さを感じます

ラップのセクションもありますので、歌う人は覚えるのが
大変かもしれません
歌詞の中にワールドカップに出場する32の国名が全部入っている
ので英語の発音にも気を付けなければなりません笑!

新着情報

キーワードから記事を探す