NICO Touches the Walls『天地ガエシ』を楽譜分析してみましょう

MBS・TBS系アニメ『ハイキュー!!』エンディングテーマで
話題になっている

NICO Touches the Walls『天地ガエシ』を
音楽理論を使用して楽譜分析していきましょう

NICO Touches the Walls『天地ガエシ』楽譜(コード進行表)

NICO Touches the Walls『天地ガエシ』楽譜説明図BPM=120
イントロ:(ドラムフィルから始まります)
┃G/D│A/Bm7┃×3│Em7/DonF#│G│
Aメロ:┃A│Bm7│A│Bm7│DonF#│G│Em7/DonF#│①G┃×2
│②G/A│
Bメロ:│Bm7│AonC#│D│G/DonF#│Em7│DonF#│G│Asus4│A│
サビ:┃G/D│A/Bm7┃×3│Em7/DonF#│G│A/(1拍)G(1拍)A│A│
→Aメロに戻るが後半の8小節だけを使用してBメロに行く
8分三連でのキメ:┃D┃×8
ギターソロ:┃G│D│A│D┃×2
│G│D│A│Bm7│Em7│DonF#│G│Asus4│A│
Dメロ:┃D│D/DonC#│Bm7│Bm7/Bm7onA│G│G│①A│A┃×2
│②Asus4│A│Aadd9│Asus4│A│
→サビに戻るが7小節目まで弾いたら下記へ行く
│G/A│Bm7│A│G│DonF#│Em7/DonF#│G/DonF#│
│(各コード1拍ずつ)Em7 DonF# G EonG#│Asus4│
エンディングはイントロを用いて、最後のコードを
こちらに換える
│(3拍)G(1拍)A│(4小節)D│

特徴的なコード進行は「Ⅳ(G)-Ⅰ(D)-Ⅴ(A)-Ⅵm7(Bm7)」です

これはイントロとサビの骨格になっているコード進行です
サブドミナント終止の「Ⅳ→Ⅰ」
偽終止の「Ⅴ→Ⅵm」
と基本的なケーデンスの組み合わせで構成されています

「カントリー系ブルース」のフレーズやフィルが歌の伴奏中に
バッキングとしてアプローチしています

メロディとぶつからないようにうまくバランスがとれているので
とても勉強になります
また、ギターソロもテレキャスギターらしい音で、
ブルースフィーリングを駆使しながら、少しアウトしたりして
いるので、聴いていてスリルを感じます
音価も16分音符で細かいフレーズになっています

<リズムチェンジについて>
ギターソロに入る前に8分三連符だけの
バンド演奏があります
ここの場面で曲調が変化しているので
リスナーにとっても飽きない構造になっています
さらに、こうすることにより
ギターソロがより際立って聴こえます

「アコースティックギター」などで弾き語りをする場合は

低音(ベース音)と高音(和音)を8分音符で
交互に弾いてカントリー風なリズムを意識して弾くと
雰囲気が出てくると思います

新着情報

キーワードから記事を探す