SEKAI NO OWARI『炎と森のカーニバル』を楽譜分析してみましょう

今回は、「ひかりTVみらい系エンタメ」CMソングで
お馴染みの楽曲

SEKAI NO OWARI『炎と森のカーニバル』を楽譜
分析していきましょう

SEKAI NO OWARI『炎と森のカーニバル』楽譜(コード進行表)

SEKAI NO OWARI『炎と森のカーニバル』楽譜説明図キーはAメジャーで統一(調号#3つ)
イントロ1:│A│Aadd9│EonG#│Aadd9│×2
イントロ2:│A/EonG#│F#m/AonC#│D/E│A│×2
イントロ3:│A│EonG#│F#m│C#m│D│
│E7sus4/E7│Asus4/A│Aadd9/A│
Aメロ前半:│A│EonG#│F#m│C#m│D│AonC#│D│E│
Aメロ後半:│A│EonG#│F#m│C#m│D│AonC#│D(2小節)│E(4小節)│
サビ:│A│AonC#│D/E│C#m/F#m│
┃D/EonD│C#m/F#m┃×2
│D/EonD│(各コード1拍ずつ)→A EonG# F#m AonC#│D│E│→イントロ3に戻る
間奏:│A/EonG#│F#m/C#m│D/E│A│×2
│A(4小節)│D(7小節)│E(3小節)│→サビに戻る
エンディングは「イントロ1のコード進行」で対応して
最後はトニックの「Aコード」で終わらせる

テンポは「BPM♪=116」とミディアムな速さです

そして『炎と森のカーニバル』の特徴は、何といっても
イントロの数がハンパないです
3セクションもあるんですね~
歌に入るまで約1分ほど掛かっちゃいます

ただ、イントロの長さの代わりではないとは思いますが
Bメロがなく、Aメロダッシュみたいな構成になっていますので
サビに行くまでに飽きないような作りになっているので
ちゃんと工夫されています
Aメロとサビでのメロディの大きな違いは
「音価の長さ」が全く変わってきます

具体的に、言いますと
・Aメロは8分音符中心のゆったりなメロディ
・サビは16分音符を軸とした細かいメロディ
と音符の長さでセクション毎を対比しています

コード進行のアナライズ

Aメロで「Ⅰ→Ⅴ→Ⅵm→Ⅲm」
とメジャーキーでの定番進行

サビではこれまたこのサイトで何回出てきたか分からないくらい
超定番進行「Ⅳ→Ⅴ→Ⅲm→Ⅵm」
が3小節目以降からたくさん使用されています

間奏は後半で「ワンコード」が続きますが
サビのメロディをモチーフにして演奏しているので
コード進行に動きがある場合(サビ)とない場合(間奏)で
聴き分けると、メロディが同じでも
バックで流れるコード進行によって、
印象が変わってくるのが理解出来ると思います

新発売!!発売から一ヶ月間〜半額キャンペーン実施中〜

DLmarketで購入

度数の仕組みと効率の良い覚え方_動画レッスン

ジャズギター初心者のためのレッスンサイト

ジャズの基礎を一から学べるようにカリキュラムを組んでいます ジャズギター初心者のためのレッスンサイト

ジャズギター初心者向け教則本(電子書籍)

【ジャズ初心者がアドリブフレーズを一からつくる仕組みを構築】 DLmarketで購入 【ジャズスタンダードを「ガイドトーン」「クロマチックアプローチ」「リズムモチーフ」で弾く】 DLmarketで購入 【ダイアトニックスケールの効果的な使い方でジャズスタンダードを弾く】 DLmarketで購入 【ツーファイブワンフレーズを様々なジャズスタンダードに当てはめて弾く】 DLmarketで購入 【ジャズギターでウォーキングベースラインをパターンに当てはめて一からつくる】 DLmarketで購入

ジャズギターオリジナル教則本(電子書籍)

【トニックフレーズ集】 DLmarketで購入 【様々なスケールをペンタトニックの5音に短縮して考えるジャズアドリブ方法】 DLmarketで購入 【リズムチェンジのアドリブジャズの弾き方のコンセプト30個と実践フレーズ集30個】 DLmarketで購入 【ダイアトニックコードの組み合わせで作るオルタードフレーズ】 DLmarketで購入 【マイナー・コンヴァージョン初心者でも使いこなす・実践メジャー&マイナー・ツーファイブフレーズ50個】 DLmarketで購入

ブルースギターオリジナル教則本(電子書籍)

【一人コール&レスポンスブルース】 DLmarketで購入 【ブルースセッションで使えるバッキングフレーズ40個&覚え方・使い方・解説付き】 DLmarketで購入

サイトコンテンツメニュー