「世界に一つだけの花」の楽曲分析をしてみましょう

SMAPの名曲「世界に一つだけの花」の楽曲分析をしていきましょう
ちなみにシングルバージョンをアナライズしていきます

楽譜はこちら→「世界に一つだけの花楽譜」になります。

この曲は類似したコード進行に対しての「メロディでの差別化」
Bメロでの「下属転調の仕方」や全体的な「ベースラインのアレンジ」
とても参考になります
歌詞もメロディとマッチしていて心に響く人間模様を描いた素晴らしい内容です

いろんな角度から分析できる奥が深い楽曲です

イントロ:Aメジャー

イントロ説明図①│Ⅰ│Ⅰ Ⅳ│Ⅴ Ⅲ7/Ⅴ♯│Ⅵm Ⅳ│Ⅴ(2拍)│
②│Ⅰ Ⅳ│Ⅴ Ⅵm│×3│Ⅰ Ⅳ│Ⅴ(2拍)│Ⅳ│

最初のイントロ①はアルバムバージョンには無いコードセクションです
トニックコードのバッキングリズムから始まって、
サビのメロディがモチーフになったイントロになっています
歌のコーラスが終わったら楽器だけのイントロ②になり、
コード進行もシンプルな「トニック、サブドミナント、ドミナント、トニック代理」
定番のパターンになっています

また、このコード進行は
ラストの「ララ~ラ」の歌詞の部分でも用いられています

Aメロ(ヴァース):Aメジャー

Aメロ説明図『│Ⅰ Ⅳ│Ⅴ Ⅲ7/Ⅴ♯│Ⅵm Ⅳ│Ⅱ/Ⅳ♯ Ⅴ│
│Ⅰ/Ⅲ Ⅳ│Ⅴ Ⅲ7/Ⅴ♯│Ⅵm Ⅳ│Ⅴ Ⅰ│』×2

Aメロはわりとサビのコード進行と似ていますが
メロディにあまり跳躍動きを出さないことにより、落ち着いた感じの
雰囲気のセクションになっています

コードはサビにも出てきますがこの「Ⅲ7/Ⅴ♯」が少し難しいです
これはⅥmのセカンダリードミナントベース音がⅣのコードから順に上がって行く
ライン
を作るためにパッシング的な役割もしています

また、「Ⅲ7/Ⅴ♯」はⅤ♯dimと同じ構成音ですので
そちらで表記されている楽譜もあります

「Ⅱ/Ⅳ♯」は次のⅤへのダブルドミナントに近い機能になっています
そして二回同じコード進行を回す時に最初のコードが分数コードになっていたりと
ベースラインのアレンジがかなり凝っています

Bメロ(ブリッジ):前半Dメジャー後半Aメジャー

Bメロ説明図Ⅳ│Ⅰ│Ⅳ│Ⅰ│Ⅴ Ⅴ7/Ⅳ│Ⅰ/Ⅲ│Ⅱ│Ⅴsusu4│Ⅴ│
このBメロは前半4小節が「下属調への転調」をしています
これは主調に対して完全4度上のキーへ転調しているということです
特徴は、スケールの音は主調と違いますが、

違っている音の数が1つしかないため
自然な転調が出来ることです(調号の場合は♯1個減るだけです)

そしてこの一音の違いがこの「世界に一つだけの花」の場合はG音になります
そのG音の和音が最初に来るので、ここで少し転調した?
みたいな違和感を感じると思います

後半はAメジャーのⅤのコードを使用して下属転調から戻ってきます
ここでもベースラインがⅡのコードまで綺麗に下がるようにアレンジされています
9小節目はサビの「そうさ~ぼくらは」がここのBメロのⅤから弱起でメロディが始まっています

Cメロ(サビ&コーラス):Aメジャー

Cメロ説明図│Ⅰ(/Ⅲ) Ⅳ│Ⅴ Ⅲ7/Ⅴ♯│Ⅵm Ⅱ7/Ⅳ♯Ⅱm7/Ⅴ Ⅴ(Ⅰ)│×2
※()は2回目
基本的にコード進行はAメロと前半は一緒です
異なる所は赤字で示した部分になります
コードの機能的には、
ダブルドミナントとツーファイブの分数バージョンみたいな感じで
トニックに解決したいと思わせる一番不安定な部分です

サビのメロディはトニックの音が(半分以上)中心に
Aメジャースケールの音が使用されています

《当サイトの人気コンテンツ》音楽全般で使える教則本厳選100