「空も飛べるはず」のコード進行を分析してみよう

ここでは
スピッツの「空も飛べるはず」のコード進行を分析してみましょう

楽譜はこちら→「空も飛べるはず楽譜」になります。

全体の構成はCメジャーキーと平行調のAマイナーキー
つまり、JPOP王道のメジャーとマイナーコードのミックスで作られています
この手法は定番ですので、参考になると思います

では、早速アナライズしていきましょう!

イントロ:Cメジャー

イントロ説明図Ⅰ-Ⅴ│Ⅵm7│Ⅰ-Ⅴ│Ⅵm7│Ⅰ-Ⅴ│Ⅵm7│Ⅳadd9│Ⅳadd9 Ⅴ│
まずトニック2拍からドミナント2拍で、
Vから偽終止を使用してトニックの代理に進む進行が
2小節単位で3回繰り返して、
サブドミナント1、75小節で、最後に1拍ドミナントにして
次のAメロに繋いでいます

イントロの特徴は偽終止を繰り返して、最後に、音符の長さは違いますが
お馴染みのサブドミナント→ドミナント→Aメロとなっています

あとは、Ⅳに9thの音を入れて、拡がりのあるサウンドにしています

Aメロ(ヴァース):Cメジャー

Aメロ説明図Ⅰ│Ⅱm7│Ⅴ│Ⅵm7│Ⅳ│Ⅰ│Ⅱ7│Ⅴ│
ここもイントロの偽終止を前半に使用していますが、
Ⅴを分解してサブドミナントの代理Ⅱm7を代入して、
ツーファイブにしています
後半はサブドミナントからトニックへとやさしい解決をするのですが・・
何か物足りないということで、ダブルドミナントⅡ7、ドミナントモーションⅤを最後2小節に
追加して、もう一度この8小節が綺麗に始めることができます

Aメロの特徴はⅡ7だけが、
ダイアトニックコードにないF♯の音が含まれているので

この部分だけ、一瞬Gメジャーに「転調」していますが、すぐに元のキーに戻ります

Bメロ(ブリッジ):Aマイナー

Bメロ説明図Ⅵm7│Ⅵm7│Ⅳ△7│Ⅳ△7│Ⅱm7│Ⅲm7│Ⅳ△7│Ⅴ│
ここのBメロがこの曲の隠し味になっています
というのも、ここの部分があるからこそ、
次のサビが盛り上がったように聴こえるですね
この曲はメジャーキーの楽曲ですが、
ここのブリッジだけ、前半が平行調のマイナーキーに転調して
後半はサビに向けて、ドミナントコードまで、順次進行を使用して、
だんだんと音が高くなって行き気持ちが次第に高ぶっていきます
そしてVで次のサビのトニックに繋げて、

マイナーからメジャーに自然に切り替わります

ここのBメロは2コーラスの後のギターソロでもこのコード進行が使われ
最後のサビに繋げています
ということからも、

Bメロのコード進行はサビとは切っても切れない関係ということです

Cメロ(サビ&コーラス):Cメジャー

Cメロ説明図Ⅰ-Ⅴ│Ⅵm7│Ⅳ-Ⅴ│Ⅰ│Ⅳ-Ⅴ│Ⅲm7-Ⅵm7│Ⅱ7(Ⅳ)│Ⅴ│
このサビは、最初の2小節がイントロの2小節と同じで、
次の2小節がこれまた、ヨン・ゴ・イチという定番進行
そして、JPOPの黄金進行ヨン・ゴ・サン・ロクを後半に挟んで
最後の2小節は
繰り返すのか、終わらせるのかでコード進行が少し変わります

サビを続ける場合は
7小節目は「ダブルドミナント」にしてまた、最初のトニックに戻り

Cメロからどこかのセクションに行く場合は
Ⅱ7を「サブドミナント」に換えています

とここまでが、「空も飛べるはず」の分析は終了ですが
参考になった部分はあったでしょうか?
ここで出てきたコード進行の特徴を何か一つでも理解して使えるように
頑張ってください

《当サイトの人気コンテンツ》音楽全般で使える教則本厳選100