「ロビンソン」のコード進行を分析してみよう

今回は前回に引き続きスピッツの楽曲を分析していきます
曲は「ロビンソン」でコード進行をアナライズしていきましょう

楽譜はこちら→「ロビンソン楽譜」になります。

この曲は、全体的にマイナー調の曲として主で作られていますが、
すべてのセクションが、マイナーキーではなく、
メジャーのキーもうまく散りばめられた構成をされていますので、
その部分の効果的な使い方なども勉強していきましょう

イントロ:F♯マイナー

イントロ説明図Ⅳ△7│Ⅲm7│Ⅵm7(11)│Ⅵm7│×4回リピート
よんのコード乃ち、サブドミナントから始まり、最終的に
イレブンスを挟んでトニックマイナーに解決しています
ここの11thというのは難しいテンションというイメージというよりは

Ⅵm7sus4のことと思って解釈した方が、簡単です

そもそもマイナーにはサスフォーコードはありませんので
表記上ややこしく見えてしまうんですね
イントロの特徴はギターのアルペジオのフレーズが
美しいサウンドを生み出しています

Aメロ(ヴァース):Aメジャー

Aメロ説明図Ⅰ│Ⅱm7│Ⅴ│Ⅵm7│Ⅳ│Ⅰ│Ⅳ│Ⅴ│
このコード進行は「空も飛べるはず」のAメロと一カ所しか変わらない
スピッツの王道Aメロコード進行です
違う所は7小節目のⅣがⅡ(7)セカンダリーコード(ダブルドミナント)
になっている所だけです

ただ、気を付けてほしいのが、そのままコード表記だけを見ると
別物に見えるということです

これは、よくみなさんが勘違いされる所ですので、説明しますね
まず「空も飛べるはず」はキーがCです
そしてこの「ロビンソン」はキーがAです
ですので、一見コードの英字を見ますと、どこが一緒なの?
となるんですが・・

今まで解説しているダイアトニックコードをローマ数字に置き換えてあげると
単純に短3度「トランスポーズ」されたということに気付くんですね

いわゆるカラオケでいうキーコントロール+-3した
コード進行と分析できるかどうかなんですね
もちろん、メロディ、リズム、などは違いますので、丸々同じということでは
ないですので、ご注意を!
あくまで、コード進行!つまり雰囲気が似ているということです
また後にも分析しますが、「チェリー」のAメロもまた、このコード進行を
モチーフにして出来ていますので、確認してみましょう

Bメロ(ブリッジ):Aメジャー(F♯マイナー?)

Bメロ説明図Ⅲm7│Ⅵm7│Ⅱm7│Ⅴ│Ⅲm7│Ⅵ7│Ⅱm7│Ⅴ7sus4 Ⅴ7 Ⅲ7sus4 Ⅲ7│
ここの部分はAメロの明るいのどかな雰囲気とは変わって
平行調のマイナーキーに転調?
と思いきやAメジャーのダイアトニックコードの
マイナーコードを中心に暗い雰囲気を演出していますが「F♯マイナーには転調していません」

ただ、Aメジャーかと言われると
微妙な感じの中途半端な決めきれないコード進行です

というもの、ドミナントコードは4小節目と8小節目の前半で出現するのですが
肝心のトニックは出てきません

ポイントは前半4小節は、ほぼマイナーコードだけが、連結構成されているという所と
6小節目のセカンダリーコードによる部分転調
そして最後8小節目の1拍ずつの7thsus4とドミナントセブンスの連続進行です

この最後のⅢ7によって、
やっぱりこのBメロのコード進行はAメジャーと確信できる所です

Ⅲ7は次のサビのF♯マイナーに対するドミナントコードですので、
ようやくここで、平行調に転調するということが起こるんですね
奥が深いですね~

Cメロ(サビ&コーラス):F♯マイナー

Cメロ説明図Ⅳ│Ⅳ/Ⅴ│Ⅲ7│Ⅵm7│Ⅳ│Ⅴ│Ⅲm7│Ⅲm7│
前半4小節一緒│Ⅳ△7│Ⅴ│Ⅵm7│Ⅵm7│

Cメロは定番の「ヨン・ゴ・サン・ロク」のコード進行を基に
いろいろと少しずつ崩してコード進行を組み立て
ています
2小節目の分数コード
ベースだけが定番のコード進行を弾き、ギターなどの和音は
最初と同じコードの弾きっぱなしという少しオシャレな感じになります

ミスチルの「HERO」ではこの分数コードがひっくり反って使用されています
ベースは一定で、和音の分子を定番のコード進行にしています

そして3小節目はⅢm7でなく、ドミナントコードにして型を変形しています
4~8小節目は最後の8小節だけ黄金パターンを弾かないようにそもままⅢm7にしています
サビが終わる4小節前はこれまた、今度はⅢm7の連続をⅥm7の連続に変換しています
ですので、結局定番と言われている

「ヨン・ゴ・サン・ロク」そのものは一回も使用しないんですね

アレンジで、工夫しているということが、この「ロビンソン」サビの特徴です
ここで、参考になるのは、定番のコード進行なんだけど、
どこかちょっと違うスパイスが施されている
ということです

エンディングは│Ⅱm7│Ⅲm7│Ⅵsusu4│Ⅵ│となっており
最後の解決がなんと!マイナーではなくメジャーで曲が終わっています

サビがマイナー押しでしたので、曲の印象はマイナー感が強いのですが・・

ここの特徴は、ラスト2小節に素敵なドラマが演出されています
サスフォーで浮遊感を出しながらも少し切なくも、最後は明るく曲を締めているので、
マイナーで解決するより、勇気が湧いてくるといいますか
新しい恋をしようじゃないか!みたいな前向きになれる雰囲気を
リスナーは感じることが出来ます

是非、ここの部分は、例えば失恋ソングなどで
悲しいマイナーの曲で書かれている所を、
最後に「でも頑張ろう」みたいなメッセージを届けたい場合は
このサスフォーの使い方を参考にして、
メジャーキーに転調してそのまま曲をフェードアウトしてみましょう

【重要】オリジナル電子書籍のご購入について

オリジナル電子書籍の販売委託先を追加致しました。

■DLmarket(サイトメンテナンス中)
■BOOTH(https://jazz-book.booth.pm
値段等、全て同じ形式での販売となります。

ただし、BOOTHさんではサンプル版機能が無いため無料版という形式での対応となります。
ご購入前に必ず無料版を参照して、購入する価値があるか等
お手数をお掛け致しますがご確認をお願い致します。

DLmarketさんのサイトメンテナンスが終了し、販売できる状態になった場合も2社様でそのまま販売を継続致します。
イメージとしましては
Amazonさんだけに販売委託していたのを楽天さんにも販売委託するようなイメージになります。

【新発売!!】様々なジャズスタンダードをコードアルペジオのみで弾く

JazzStandardChordArpeggioInprovisationMethod
無料版はこちらからダウンロードできます。

3D映像を使った三和音(トライアド)コードの仕組み

よろしければ下記ボタンよりチャンネル登録よろしくお願いします。⇒

度数の仕組みと効率の良い覚え方_動画レッスン

ジャズギター初心者のためのレッスンサイト

ジャズの基礎を一から学べるようにカリキュラムを組んでいます ジャズギター初心者のためのレッスンサイト

ジャズギター初心者向け教則本(電子書籍)

BeginnerJazzImprovise
無料版はこちらからダウンロードできます。

BeginnerJazzGuidetoneChromaticApproach
無料版はこちらからダウンロードできます。

DiatonicScaleJazzStandardImproviseConcepts
無料版はこちらからダウンロードできます。

TwoFiveOnePhraseJazzImproviseConcepts
無料版はこちらからダウンロードできます。

JazzGuitarWalkingBassLine
無料版はこちらからダウンロードできます。

JazzGuitarBeginnerJazzBackingProgram
無料版はこちらからダウンロードできます。

JazzGuitarTonicPhraseBook
無料版はこちらからダウンロードできます。

ジャズギターオリジナル教則本(電子書籍)

BebopDominantScaleJazzStandardImproviseConcepts
無料版はこちらからダウンロードできます。

MinorConversionConcepts
無料版はこちらからダウンロードできます。

DiatonicChordCombineAlteredConcepts
無料版はこちらからダウンロードできます。

PentatonicJazzImprovisationConcept
無料版はこちらからダウンロードできます。

RhythmChangesImprovisationConcepts
無料版はこちらからダウンロードできます。

ブルースギターオリジナル教則本(電子書籍)

CallAndResponseBlues
無料版はこちらからダウンロードできます。

BluesSessionBackingPhrase40
無料版はこちらからダウンロードできます。

サイトコンテンツメニュー