高橋優『太陽と花』を楽譜分析してみよう

TBSドラマ「アリスの棘」の主題歌
高橋優『太陽と花』を楽譜分析してみましょう

高橋優『太陽と花』楽譜(コード進行表)

高橋優『太陽と花』楽譜説明図イントロ1:(四分音符=117)│Em│D│C│B7│×2
イントロ2:ここからBPMが「倍テン」(二分音符=117)
になりますので「2分の2拍子」表記と捉えてください
│Em│Em│D│D│C│C│B7│B7│
Aメロ:│Em│Em│CM7│CM7│D│D│B7│B7│×2
Bメロ:│G│G│DonF#│DonF#│Em│Em│C│C/D│×2
│Em│B7onD#│GonD│AonC#│C│C│B7│B7│
サビ:│Em│Em│Bm│Bm│CM7│CM7│G│G│
│①C│C│G│G│Am│Am│B7│B7│×2
│②C│D│Em│Em│C│C│B7│B7│
間奏:│CM7│D│Em│Em7onD│CM7│D│Em│B7│→Aメロに戻る
ギターソロ:│Em(3小節)│Em/D│CM7(3小節)│①CM7/D│×2
│②D│→Bメロに戻る
ラストサビは半音上のFマイナーキーへそのまま「転調」します
│C7│C7│Fm│Fm│Cm│Cm│D♭M7│D♭M7│A♭│A♭│
│①D♭│D♭│A♭│A♭│B♭m│B♭m│C7│C7│×2
│②D♭│E♭│Fm│Fm│D♭│D♭│C7│C7│
エンディング:│D♭│E♭│Fm│E♭│×3
│D♭│E♭│Fm│Fm│

ここで、もしかしたら「2分の2拍子」と「4分の4拍子」の違いは何?

と疑問に思われる方もいらっしゃると思いますので
一応簡単にですが説明します

まず、大きな違いは、アクセント&ノリ(リズム)が変わってきます
ですので、雰囲気が結構変わります

『太陽と花』ではイントロ1が「1小節」でコードのアクセントがあるとすると
イントロ2では「半小節」でコードのアクセントがくるイメージになります
つまり、アクセントが倍になっています
ですので、2拍に一つアクセントがあると考えると
「2分の2拍子」で表すことにより
丁度1小節でコードのアクセントがくるようになります

これは、字だけで理解しようとせず
実際に弾いてみたり、CDを注意深く聴くことにより
納得できると思います

音楽理論の観点から分析すると

サビのメロディがBメロの終りから始まる
定番「弱起」で出来ています
「こ・ど・く」と勢いをつけてサビに入ってる感じです

また、Bメロの「クリシェベースライン」が勉強になります

特に、サビの直前「そのま~ぶしさーは・・」って所が
E→D#→D→C#→C→B
ベースラインが綺麗に半音ずつ下がっていますね
ドラマチックな演出には
こういった「クリシェライン」がよく出てきます

《当サイトの人気コンテンツ》音楽全般で使える教則本厳選100