竹原ピストル『よー、そこの若いの』の楽譜分析をしてみよう

竹原ピストル『よー、そこの若いの』の楽譜分析をしてみましょう。
この曲は「住友生命「1UP」」CMソングです。

ギターで効率よく簡単なコードの押さえ方をマスターし弾き語りをカッコ良く決めよう!
こちらで短時間勉強しましょう。
竹原ピストル『よー、そこの若いの』楽譜(コード進行表)

竹原ピストル『よー、そこの若いの』楽譜説明図
テンポは132です。
イントロ:│G│Em(2拍)D(2拍)│×4
Aメロ:│G│Em(2拍)D(2拍)│×3│G│Em(2拍)DonG(1拍)DonE(1拍)│
Bメロ:│Am│Em│Am│Bm7(2拍)D6(2拍)│Am│Bm│C│D│
サビ:│G(2拍)D(2拍)│Em│Bm(2拍)D(2拍)│C│Bm│Em│Am(2拍)C(2拍)│D│
│G(2拍)D(2拍)│Em│Bm(2拍)D(2拍)│C│Bm│Em│Am(2拍)D(2拍)│
間奏:│G│Em(2拍)D(2拍)│×2 Aメロへ
ラストサビ:│G│Em│Bm│C│Bm│Em│Am(2拍)D(2拍)│G(2拍)D(2拍)│
│G(2拍)D(2拍)│Em│Bm(2拍)D(2拍)│C│Bm│Em│Am(2拍)C(2拍)│D7│
│G│Em│Bm7│C│Bm│G(2拍)D(2拍)│Em(2拍)Am(2拍)│D│G(2拍)D(2拍)│
│G(2拍)DonF#(2拍)│Em(2拍)Am(2拍)│D│G(2拍)D(2拍)│
エンディング:│G│Em(2拍)D(2拍)│×4│G│

楽曲キーは「Gメジャーキー」になります。

楽曲はバンドアレンジで構成されていますがギターやピアノの弾き語りでも
十分なサウンドとして成立するメロディ、歌詞、コード進行です。
アレンジ次第ではもっとロック調にしてもカッコ良い曲になると思います。
イントロとAメロは同じコード進行です。
BメロでAメロとサビの明るい雰囲気から少し暗い雰囲気のコードの連結で
楽曲のメリハリが感じられると思います。
上記のことを意識して聴くとBメロの作り方や役割がわかってくると思います。
メロディが一緒でもサビではコード進行が一番とサビで
少し違うコードアレンジをしています。
コード進行が少し変わると聴く側も飽きずにサウンドを楽しめることができますので
アレンジのテクニックとして覚えておきましょう。

《当サイトの人気コンテンツ》音楽全般で使える教則本厳選100