ナチュラルマイナースケール

今まで、コード、ダイアトニック、コード進行、スケールなどの解説は
全て「メジャースケール」を基に解説してきました

今回は、そろそろメジャーだけだと飽きてきたと思いますので

ここでは「マイナースケール」について解説していきますね

では早速ですが、

短音階は3種類ある

短音階3種類イラストマイナースケールというのは1種類ではなく
3種類あるんですね
どうして3種類もあるのかといいますと
それぞれ、これから説明するナチュラルマイナースケールを
便宜的に(都合良く)補うために作られたものですので、

基本のナチュラルマイナースケールをマスターすれば、

あと2つのスケールはちょこっと変形させてあげれば出来てしまいますので
どうして他に2つも必要なのかポイントだけ押さえれば簡単に導き出せることができます

ナチュラルマイナースケールとは

ナチュラルマイナースケールイラスト
自然的短音階ともいいます
このスケールもメジャースケールと一緒で
人間の感覚から自然発生的に生まれたスケールで、
短調の基本となるスケールです

自然な暗い音階であるので、表現する幅が広いです
感動的なバラード曲からめちゃくちゃ悲しい歌のメロディ、
フォークソング、ファンク系の楽曲、ソウル、マイナーブルース・・
といろんなジャンルで使用されているスケールです

特に、JPOP音楽のバラードでは必須のスケールです

そしてナチュラルマイナースケールは捉え方が二つあります

平行調

平行調イラスト一つはメジャースケールとナチュラルマイナースケールの表裏の関係
これはどういうことかといいますと
構成している音はメジャースケールを並べ直しただけという捉え方です
例えばCメジャースケールとAナチュラルマイナースケールは
全く同じ音使いとなります
これを音楽的用語でいいますと平行調といいます
「CDEFGAB」をAから並べたものということです→「ABCDEFG」
しかし、ここで注意していただきたいのは音が全て同じでも
どこの音を基準にしたかで、響きが違ってくるんですね
これをCを基準とした場合はCメジャースケールになってしまいます
あくまで、この7つの音だけで、かつAに解決する場合にマイナーな響きを得られます

Aの音で暗く落ち着く音階がAナチュラルマイナースケール

Cの音で明るく落ち着く音階がCメジャースケール

ということです
ちょっとわかりづらいかもしれませんので、

「ナチュラルマイナースケール」を
「四和音のダイアトニックコード」で表してみましょう

これは、今までと同じでスケール内の音だけで、3度ずつ音を蓄積していきます
平行調説明図
すると、Cメジャースケールのダイアトニックコードと

出てくるコードは同じですがコードの役割が代わってきます

上記の説明図を見るとCメジャースケールではAm7はⅥm7でしたが
Aマイナースケールの場合Ⅰm7となります
他もローマ数字が変化しているのが分かると思います
平行調はメジャースケールのルートから数えて
短3度下から始まるナチュラルマイナースケールという覚え方が分かりやすいです

Cメジャースケールと共通していない所だけを覚えて導き出す

もう一つの捉え方はちょっとややこしいのですが
Cのメジャースケールを同じCのナチュラルマイナースケールに置き換える場合
導きだすイラスト
Cメジャースケールの長3度を短3へ、長6度を短6度へ、長7度を短7度に
置き換えたものと捉えることもできます
これは先程ナチュラルマイナースケールでダイアトニックコードを
度数(ディグリー)やローマ数字で導きました!この「数字」を基準にした考え方です
いわゆる単純にCマイナースケールを度数(ディグリー)やローマ数字で表し
Cメジャースケールとのローマ数字あるいは度数の違いだけを変化させる
という見方です

これは、これでこれから先いろんなスケールを覚えていく時に便利な方法です

例えば、Cメジャースケールの度数を基準にして
Cドリアンスケールは
Cメジャースケールの長3度を半音下げて、長7度を半音下げたもの
すなわち、長3度を短3度へ、長7度を短7度へ置き換えたスケールという感じで
覚える部分がたったの2か所で済みます
すなわち、

ナチュラルマイナースケールの場合は
3ヶ所の違いだけを覚えれば導きだせるということです

さらにこの導きだされたコードをグループわけしたいのですが、
ちょっと文章が長くなってしまいましたので
他の2つのスケールを解説してから、まとめて解説しよう思います

新着情報

キーワードから記事を探す