作詞テクニックその①

今回は作詞テクニックですぐ初心者さんでも活用出来る

時系列のちょっとした工夫について解説していきます。

前回に楽曲形式の説明をしましたので、もしAメロとか意味が分からない方は
そちらも一緒に活用してみてください。

Aメロは現在の状態
Bメロに過去を持ってくる
Cメロに主張したい事

AとBの順番が入れ代わると、意外に意味が分かりづらくなる場合があります。
作詞をしている自分自身は、内容を理解していますので、気付きにくいんですが、
誰かに作品を読んでもらった時に違う解釈を起こしている場合があったりします。
ですので、

過去から時系列的に展開するよりも、

今はこういう気持ち、状態だけど、Bメロで昔はこうだったね。
そしてサビ(Cメロ)でだからこうゆう事を君に言いたいなどと展開する方が、
状況を把握しやすくなったりしますので、必ずこういう形式が良いという物ではありませんが、
作詞のテクニックの一つとして覚えておくと役に立つ時があると思います。

どうしても、普通は時間軸で書きたくなりますので、プロらしい歌詞が書けるかもですよ~

新発売!!教則本(電子書籍)

【ダイアトニックコードの組み合わせで作るオルタードフレーズ】 DLmarketで購入 【マイナー・コンヴァージョン初心者でも使いこなす・実践メジャー&マイナー・ツーファイブフレーズ50個】 DLmarketで購入

オリジナル教則本(電子書籍)

【ブルースセッションで使えるバッキングフレーズ40個&覚え方・使い方・解説付き】
DLmarketで購入
【リズムチェンジのアドリブジャズの弾き方のコンセプト30個と実践フレーズ集30個】
DLmarketで購入
【様々なスケールをペンタトニックの5音に短縮して考えるジャズアドリブ方法】
DLmarketで購入

コンテンツ