循環コード進行とは

ここでは循環コード進行について解説していきますね

循環コード進行を基礎から知りたい方は→こちらも参考になります
※循環コード進行=循環進行のこと

循環進行を理解すれば、コード進行のバリエーションがかなり増えますので、
ここは何回も読み返して覚えてしまいましょう!!
コードの引き出しが増える理由

引き出しイラストなんでバリエーションが増えるのかと言いますと
もうみなさんは代理コードの使い方をマスターしましたね
ですので、この循環進行を覚えると、
後はそれを細かく代理コード、
この先出てくるノンダイアトニックコード
その他特殊のコードに置き換えるだけ
たくさんのコード進行が作れちゃいます
と文字だけでは分かりにくいので、実際にこの記事の後半で
コード進行を作っていきますので、そこで理解して頂けると思います

では循環進行とはどういうものなのでしょうか?

循環進行イラスト簡単に言ってしまえば
延々にコード進行を繰り返すことができるコード進行です
ぐるぐる回ることができるんですね
最後のコードが最初のコードにスムーズに戻るため
ずっと繰り返す事ができるコード進行のことを循環進行といいます
代表的な循環コード進行の作り方を紹介しますね
まずみなさんはツーファイブという進行を作り出すことができますよね
一応復習も兼ねて最初から作っていきますが・・
①サブドミナント→ドミナント→トニック:Ⅳ△7→Ⅴ7→Ⅰ△7
②サブドミナント代理→ドミナント→トニック:Ⅱm7→Ⅴ7→Ⅰ△7
これがツーファイブモーションの終止形でした
大丈夫ですよね?
これをまず、トニックを先頭に1個追加します
Ⅰ△7→Ⅱm7→Ⅴ7→Ⅰ△7
そしてトニックを代理コードで分解します
トニック→トニック代理→サブドミナント代理→ドミナント→(トニック):
Ⅰ△7→Ⅵm7→Ⅱm7→Ⅴ7→(Ⅰ△7)
どうでしょう?なにか気づきましたでしょうか?
そうです!みなさん賢いです
()の部分で丁度最初のトニックコードに戻ってますよね
ということは!これをそのまま同じコード進行で続けて書くと
Ⅰ△7→Ⅵm7→Ⅱm7→Ⅴ7→Ⅰ△7→Ⅵm7→Ⅱm7→Ⅴ7→Ⅰ△7→Ⅵm7→Ⅱm7→Ⅴ7・・

「いち」、「ろく」、「に」、「ご」と延々に続いていますよね

これを循環コード進行というんですね
そして「ろく」完全4度上→「に」完全4度上→「ご」完全4度上→「いち」トニックの代理→「ろく」・・
4度進行(強進行)になっていますのですごく自然な流れで出来ています

では今度は少しこの循環コード進行を
代理コードで変形してバリエーションを一緒に作っていきましょう

代理イラストⅥm7のトニックの代理を
もう一つのトニックの代理Ⅲm7に置き換えてみましょう
Ⅰ△7→Ⅲm7→Ⅱm7→Ⅴ7
このままⅡm7を元のⅣ△7に取り換えると
Ⅰ△7→Ⅲm7→Ⅳ△7→Ⅴ7
今度は循環進行でサブドミナントの代理を元に戻してみましょう
Ⅰ△7→Ⅵm7→Ⅳ△7→Ⅴ7
さらにⅥm7を2拍として分割してみると
Ⅰ△7→Ⅲm7→Ⅵm7→Ⅳ△7→Ⅴ7
さらにⅣ△7を・・ときりがないくらい
どんどんコード進行を作ることが可能になります
さらにこれじゃつまらないので
最初のⅠ△7をⅢm7に置き換えて最初の循環進行と合体すると
8小節のコード進行が出来上がります
Ⅰ△7→Ⅵm7→Ⅱm7→Ⅴ7+Ⅲm7→Ⅵm7→Ⅱm7→Ⅴ7
そして以下同じようにこの8小節コード進行を違う代理コードで置き換えていくと
もう曲になってしまいます

といかがでしたでしょうか?
一個のコード進行が代理コードの使い方を知っているだけで、
何種類ものコード進行を作ることが可能だということがお解かり頂けたでしょうか

ちなみに、せっかくなので逆循環進行も上げておきますね

Ⅱm7→Ⅴ7→Ⅰ△7→Ⅵm7

循環進行の「に」のコードから始めたコード進行を逆循環進行といいます
こちらも延々に続くのは分かりますよね
そして、この進行を代理コードで置き換えていくと・・
もう想像がつきますよね?

《当サイトの人気コンテンツ》音楽全般で使える教則本厳選100