四和音のダイアトニックコード

前回までに三和音のダイアトニックコード、

ローマ数字の使い方をみなさんはもうマスターしたと思いますので

今回の四和音のダイアトニックコードはすぐ理解できるでしょう

では、早速取り掛かりましょう

シチュエーションは三和音の時と一緒でキーはCで行きます

では、前回までの復習も兼ねて、

三和音のダイアトニックコードとローマ数字を書いてみて下さい

出来ましたか?簡単ですよね

でもうみなさんは、ここまでくれば大体想像が付くと思いますが・・
四和音イラスト

そうです!それぞれのコードにCメジャースケール内の音で
3度の音を積み重ねてあげるだけですね

4和音ダイアトニックの作り方説明図

四和音のダイアトニックコード

Cコード+シ=C△7:Ⅰ△7

Dmコード+ド=Dm7:Ⅱm7

Emコード+レ=Em7:Ⅲm7

Fコード+ミ=F△7:Ⅳ△7

Gコード+ファ=G7:Ⅴ7

Amコード+ソ=Am7:Ⅵm7

Bdim+ラ=Bm7(♭5):Ⅶm7(♭5)

いかがでしょうか?前回までのレッスンを理解されている方は
ちょっとつまらなかったですかね?
ここで、一旦、特徴をまとめますね

三和音のダイアトニックコードのトライアドの種類

メジャートライアド:Ⅰ、Ⅳ、Ⅴ

マイナートライアド:Ⅱm、Ⅲm、Ⅵm

ディミニッシュトライアド:Ⅶdim

四和音のダイアトニックコードの種類

メジャー7thコード:Ⅰ△7、Ⅳ△7

ドミナント7thコード:Ⅴ7

マイナー7thコード:Ⅱm7、Ⅲm7、Ⅵm7

マイナー7th(♭5)コード:Ⅶm7(♭5)

で、ここで問題となってくるのが三和音と四和音の使いわけが・・
よくわからないとなってくるでしょう

先に答えをいいますと

決まりは特にありません!その時、その時と場面ごとに
三和音になったり、四和音になったりなんですね
でも、ある程度、作曲やアレンジをしていくうちに
この感覚というのが確立してきます
三和音と四和音の効果的な使い方

ポイントイラストポイントを少しあげますと
三和音と四和音の音の違いが耳で判断できるかどうかです
三和音の場合は音の濁りが少ないので、ストレートというか音が強いんですね
例えるならオレンジジュースの果実100%みたいなイメージです
で四和音の場合はちょっと音が広がる、ストレートが薄まる感じです
オレンジジュースの果実が60%だけど、隠し味があるとか、
純粋?でない!まさにオレンジ!でないイメージです

後は、ジャンルによって、ある程度その音を使えばその雰囲気を出せる

とある程度の暗黙の決まりがあったりします

例えば、メジャーのブルースを演奏する場合は
やはりドミナント7thの3コードで、三和音の3コードでは演奏しません
また、ジャスなどでは、全体的な和音では、四和音以上で演奏します
アプローチは三和音だけど、他の楽器の音と合わせると、テンションが入っていたり
大体四和音以上での音で演奏していきます

 

と正直ここらへんは経験ですので、
最初の内は、いろいろなジャンルの音楽を聴きながら
三和音と四和音の使われる場面や特徴を研究してみましょう

《当サイトの人気コンテンツ》音楽全般で使える教則本厳選100