カポタストの使い方&使う理由&どういうときに何フレットにつける?

ここでは弾き語りやストリートミュージシャンで、必需品のカポタスト(通称:カポ)について
カポ「クリップ式」イメージ図
具体的な使い方(どういうときに何フレットにつけると正しいのか?)や
なぜ使う必要があるのかの理由や効果等
ギターリストが疑問に思っている部分をレッスン解説します。
カポタストの疑問についてイラスト説明図
最後まで読まれるころには、
実際の色んな場面での例題列挙、練習問題から何フレットにつけると効果的なのかがわかりますので
カポタストを自由に理屈から簡単に導くことができていると思います。
カポタスト使い方解決イラスト
では一緒に頑張っていきましょう!

①カポタストを使う理由について

楽器にはそれぞれ弾きやすいキー、弾きにくいキーがあります。
例えば、ギターだと弾きやすいキーは

《Cメジャーキー、Dメジャーキー、Eメジャーキー、Fメジャーキー、
Gメジャーキー、Aメジャーキー》
《Aマイナーキー、Bマイナーキー、C♯マイナーキー、Dマイナーキー、
Eマイナーキー、F♯マイナーキー》

逆に弾きにくいキーは
上記のキー以外つまり

《C♯メジャーキー、D♯メジャーキー、、F♯メジャーキー、G♯メジャーキー、
A♯メジャーキー、Bメジャーキー》
《A♯マイナーキー、Cマイナーキー、D♯マイナーキー、Fマイナーキー、
Gマイナーキー、A♯マイナーキー》

ちなみにピアノの場合はCメジャーキー以外は全て弾きづらいキーだったりします。
これは楽器の構造上、ギターの構造にはない、黒鍵というものがあるためです。
つまりカポタストを使うことにより、キーを変更せずにカポで対処できてしまう効果があります。

②「オープンコード」でできるだけ、簡単に弾きたい

これはセーハコードで弾くのが辛い初心者さんや女性ギタリストなどあまり力を使いたくない
上手くセーハコードだと押さえられず音が綺麗にならないなどからカポタストをつけることにより
オープンコードにしてビギナーに演奏しやすいように配慮してくれるという理由

③「開放弦」をたくさん鳴らせることが理由

これは、たくさんの開放弦も使えるようになるためコードを押さえる指板の量が減る

④「開放弦独特の響き」が使えることが理由

どんなにギターが上手いスタジオミュージシャンでも物理的にレコーディングでは
カポを使って開放弦独特の綺麗な響きを演奏録音されている

⑤「アコースティックギター」特有のコードの押さえづらいデメリットを解消するため

アコギはどうしても、エレキギターと違って弦を押さえる力が違ってきます。
特にライブで何十曲と演奏する場合にアコギでカポなしセーハで弾きまくると
手に負担がかかり、弾き語りで演奏している場合は歌にも支障が出てきます。

⑥サビラストで半音上がって「転調」するときや「歌いたいキー」に素早く対応するため

ポップスミュージックではお決まりのラストサビで半音上がるときに素早くカポをつけることにより
それまでと同じ押さえ方で弾くことができます。

具体的な使い方について

カポタスト使い方説明図
上記のカポタストを使う理由からカポをつけることになった場合
弾きやすいキーを参考に合わせるのがコツになります。
例えば、キーがCメジャーキーだった場合は弾きやいキーですので
特にカポをつける必要はありません。
逆にカポつけることにより難しくなってしまいます。
では、C♯メジャーキーだった場合はどうでしょう?
カポをつけないでアコギでコードを弾くとなると大変ではありませんか?
ですのでこういう場合にカポを付けて弾きづらいというコードを対処していきます。
この場合実際に何フレットにカポをつければ良いでしょうか?
答えは簡単で
5弦ルートのC型フォームでCメジャーキーのダイアトニックコードの押さえ方で弾きたい場合と変換すると
1フレットにつけると同じ形で弾くことができます。
以下、実際例をいくつか列挙しますね

D♯メジャーキー→(変換)
4弦ルート(D型フォーム)のDメジャーキーのダイアトニックコードの形を平行移動して弾く
=1フレットにカポをつける
F♯メジャーキー→(変換)
6弦ルート(E型フォーム)のFメジャーキーのダイアトニックコードの形を平行移動して弾く
=2フレットにカポをつける
G♯メジャーキー→(変換)
6弦ルート(G型フォーム)のGメジャーキーのダイアトニックコードの形を平行移動して弾く
=1フレットにカポをつける
A♯メジャーキー→(変換)
5弦ルート(A型フォーム)のAメジャーキーのダイアトニックコードの形を平行移動して弾く
=1フレットにカポをつける

つまりいくつか実際にカポをつける場面を列挙してきましたが、
カポを何フレットにつければ良いか迷ったときやわからないときは
弾きやすいキーの近くで型となるコードのフォームのダイアトニックコードを想定するのが基本
の使い方になります。
逆にどの型フォームで弾きたいかを決めれば良いということでもあるので
物理的には5通りは簡単に導くことはできます。
例えばC型フォームでE♭メジャーキーを弾きたい場合はカポを3フレットに装着します。

コードの型(フォーム)について知らない方は
こちら→「コードの型フォームについて」で勉強してください。

カポタストを使用するときの注意点は、「チューニング」です。

弾き語りで演奏する場合はあまり気づかないかもしれませんが
バンド演奏する場合は不協和音を演奏してしまうことになりますので、チューニングはしっかり行います。
では、チューニングはカポをつける前と後どちらで行えば良いでしょうか?
答えはカポを先につけてから最後にチューニングをするという手順になります。
どうしてかといいますと
カポは製品によって、押さえる力が若干変動しますので、
少しチューニングがずれてしまうことがあります。
ですので、
カポを先につけてチューニングをしてやることにより、
正しい音程(ピッチ)で演奏することができます。
最近はこちら→「チューナークリップ式カポタスト」のように
カポそのものにデジタルチューナーが付いているものあります。
便利な時代になりました。このカポ一本を装着したままいつでもチューニングができますので
路上ライブだったり普通のライブハウスでの演奏でもリアルタイムでチューニングができちゃいます。

カポタストの種類について

それぞれの特徴から以下のように使いわけをします。
クリップ式カポタスト:手軽に装着したり、外したりしたいときはクリップ式を使う
ネジ式カポタスト:安定したピッチで弾き続けたい場合はネジ式で固定して使う
テコ式カポタスト:手軽な部分(テコの原理でワンタッチ装着)と安定したピッチ(ネジで微調整が可能)
の中間的な使い方をしたい場合はテコ式を使う