作詞で必要な表現手法①「オノマトペ」について

ここでは作詞で必要な表現手法について解説します。

言葉のテクニックとして「オノマトペ」を習得しましょう。

オノマトペとは
擬音語、擬態語、擬情語、擬容語などの総称です。

・擬音語は物の音を聞こえたように文字で表現する手法のことをいう
・擬態語は感情や状態など音を発しない物を言葉にする手法のことをいう

オノマトペの特徴はリスナーさんが歌詞を覚えやすかったり
動作の表現を補うので、誇張表現したいときに使われます。
オノマトペの中でも歌詞でよく使用されるのは「擬態語」です。
擬態語の例は、「ワクワク」や「ドキドキ」「ハラハラ」など
世に出ている歌詞で一度は耳にしたことがあると思います。
「ワクワク」とか歌詞にあると主人公の心情が自然と伝わってきますよね。
また、擬態語は雰囲気が字面から容易に想像することができるのと
リスナーさんが歌詞カードを見たときやテレビ等で歌詞を目にしたときに
忘れにくい等のメリットがあります。
ですので、言葉のテクニックとしてよく使用されます。
さらにアイドルソングやライブでお客さんと一緒に踊ったりする楽曲には欠かせない
作詞テクニックでもあります。
どうしてかといいますと、一緒に歌うパファーマンスや振り付けに相性が良いんです。
アイドルソングの歌詞を分析してみると納得できると思います。

【重要】オリジナル電子書籍のご購入について

オリジナル電子書籍の販売委託先を追加致しました。

■DLmarket(サイトメンテナンス中)
■BOOTH(https://jazz-book.booth.pm
値段等、全て同じ形式での販売となります。

ただし、BOOTHさんではサンプル版機能が無いため無料版という形式での対応となります。
ご購入前に必ず無料版を参照して、購入する価値があるか等
お手数をお掛け致しますがご確認をお願い致します。

DLmarketさんのサイトメンテナンスが終了し、販売できる状態になった場合も2社様でそのまま販売を継続致します。
イメージとしましては
Amazonさんだけに販売委託していたのを楽天さんにも販売委託するようなイメージになります。

3D映像を使った三和音(トライアド)コードの仕組み

よろしければ下記ボタンよりチャンネル登録よろしくお願いします。⇒

度数の仕組みと効率の良い覚え方_動画レッスン

ジャズギター初心者のためのレッスンサイト

ジャズの基礎を一から学べるようにカリキュラムを組んでいます ジャズギター初心者のためのレッスンサイト

ジャズギター初心者向け教則本(電子書籍)

BeginnerJazzImprovise
無料版はこちらからダウンロードできます。

BeginnerJazzGuidetoneChromaticApproach
無料版はこちらからダウンロードできます。

DiatonicScaleJazzStandardImproviseConcepts
無料版はこちらからダウンロードできます。

TwoFiveOnePhraseJazzImproviseConcepts
無料版はこちらからダウンロードできます。

JazzGuitarWalkingBassLine
無料版はこちらからダウンロードできます。

JazzGuitarBeginnerJazzBackingProgram
無料版はこちらからダウンロードできます。

JazzGuitarTonicPhraseBook
無料版はこちらからダウンロードできます。

ジャズギターオリジナル教則本(電子書籍)

BebopDominantScaleJazzStandardImproviseConcepts
無料版はこちらからダウンロードできます。

MinorConversionConcepts
無料版はこちらからダウンロードできます。

DiatonicChordCombineAlteredConcepts
無料版はこちらからダウンロードできます。

PentatonicJazzImprovisationConcept
無料版はこちらからダウンロードできます。

RhythmChangesImprovisationConcepts
無料版はこちらからダウンロードできます。

ブルースギターオリジナル教則本(電子書籍)

CallAndResponseBlues
無料版はこちらからダウンロードできます。

BluesSessionBackingPhrase40
無料版はこちらからダウンロードできます。

サイトコンテンツメニュー