ダイアトニックコードをコードの役割に当てはめよう

前回は、コードの役割を3つのグループに分けて
それぞれの特徴を学びましたね

で今回は、

その3つのグループにダイアトニックコードを当てはめていきましょう

この記事と合わせてこちら→「ちゃんとした音楽理論書を読む前に読んでおく」と一緒に勉強するとより理解が深まります。

まず、トニック、ドミナント、サブドミナントコードというのはそれぞれ

3つのグループ

トニック:三和音の場合I、四和音の場合Ⅰ△7

ドミナント:三和音の場合Ⅴ、四和音の場合Ⅴ7

サブドミナント:三和音の場合Ⅳ、四和音の場合Ⅳ△7

上記で出来ています

それじゃぁ残り4つもコードが残るんじゃないのと疑問になりますよね?
ダイアトニックコードは7個のコードで成り立っていますからね

でそれ以外のコードはというと、

トニック、ドミナント、サブドミナントのいずれかの代理コードとなります

振り分ける基準は名前の通り、代理となるわけですから
サウンドが似ているというのが基準になります

え~耳が良くないと振り分けられない?と思われるかもしれませんが
ここまで、レッスンを受けてきたみなさんなら、大丈夫です
というのも、コードの仕組みを勉強しましたね
コードというのは、音が積み重なってできていますよね
例えば、C△7とAm7の構成音を分析してみましょう
C△7:ド、ミ、ソ、シ
Am7:ラ、ド、ミ、ソ
すると構成音に共通の音が含まれているんですね

しかも4和音のうち3つの音が同じですよね

三和音でも同じことがいえます
C:ド、ミ、ソ
Am:ラ、ド、ミ
で3音のうち2つが同じ音ですよね
以下同じように一個一個、分析していくと、

トニック、ドミナント、サブドミナントのどれかの代理になります

では四和音のダイアトニックコードで一個ずつみていきましょう
(※三和音も四和音と同じ結果になりますので)
キーはCメジャーのシチュエーションでいきます

トニックコード

TイラストC△7:ド、ミ、ソ、シ
Em7:、レ(トニック代理)
Am7:ラ、(トニック代理)

ドミナントコード

DイラストG7:ソ、シ、レ、ファ
Bm7(♭5):ファ、ラ(ドミナント代理)

サブドミナントコード

SイラストF△7:ファ、ラ、ド、ミ
Dm7:レ、ファ(サブドミナント代理)

※Em7だけ時々、ドミナントコードとして機能する場合もあります
基本はトニックの代理として使用されますが・・
構成音から、Em7とG7も「ミ」と「ファ」だけの違いで、
E+Gコード(ソ、シ、レ)=Em7と捉えることもできます
ただ、トニックの代理での使われ方のほうが一般的です
次の表を見ていただければ納得していただけると思います
構成音の特徴から仲間分け

Ⅰ系(トニック):「ミ」を含み、「ファ」を含まない(安定)

Ⅴ系(ドミナント):「ファ」と「シ」を含む(不安定)

Ⅳ系(サブドミナント):「ファ」を含み、「シ」を含まない(一時不安定)

この表を見ると、Em7はドミナント系の「シ」を含んでいるが、「ファ」は含んでいませんね
その代わり、安定の「ミ」を含んでいるのでEm7はトニック扱いされます

とちょっと難しい話も少しありましたが・・
結論はダイアトニックコードは3つのグループに分けられるということです
そして、そのグループの中では、共通音が多いため
代理として、コードの組み替えが可能ということが分かります

《当サイトの人気コンテンツ》音楽全般で使える教則本厳選100