Cコードの仕組みを理解しよう

前回、度数(ディグリー)について解説しましたね

でここでは、その度数すなわち音と音の距離を使って

みなさんも一度は聞いたことがあるCメジャーコードの仕組みを解説します

では、少し復習も兼ねて

C(ド)からE(ミ)の音の距離

C(ド)からG(ソ)の音の距離

を度数で表すと

CからEは長3度、CからGは完全5度でしたよね

でさらに今度はEからGの距離を度数で表してみましょう

するとEからGの距離は短3度になりますよね

ではここから、コードの構造を解説しますね

まずここでは三和音(トライアド)で説明しますね

三和音というのは違う音が三つ同時に重なっているんですね

でこの三和音が互いに共鳴しあうことでコードという厚みのある音になるんですね

物理的に言うと音というのは波(振動数)で音の高さを表します

それらの波が干渉しあうことにより、その波が人間の鼓膜に伝わり、コードとして認識します

なので、三和音といっても、実は三音だけが鳴っているものもあれば、

オクターブ上下の音やギターでいう異弦同音の音も複数鳴っていても、違う音が3つなら三和音といいます

Cコード構成音イラスト

例えば、C音、E音、G音、オクターブのC音、オクターブのG音など
5つの音が鳴っていても三和音のCコードとなります

ここで先程から出ているCコードを度数で説明しますね

Cコードはルートから三度の音を重ねていきます

Cコード説明図

1度(ルート):C(ド)

3度(長3度):E(ミ)

5度(完全5度):G(ソ)
※EからGも短3度の距離でしたよね(3度の積み重ねと捉えます)

Cコードという読みは一般的に一番下の音:ルート(基準音)の音の名前が付く

※この先出てくる(転回コードなどは例外ですが・・)

どうでしょうお解かりいただけたでしょうか?

度数を理解するだけでコードという仕組みが分かると理解いただけたでしょうか

とまぁここでは、なんとなく理解できれば大丈夫です

これから、いろいろなコードの仕組みを度数で解説していくので、そのうちだんだんコツが掴めると

思いますので焦らないで付いてきてくださいね

次は、マイナーの三和音のコードの仕組みを解説しますね

新着情報

キーワードから記事を探す