度数(インターバル)を理解しよう

度数(インターバル)って何?

度数というのはある基準の音と音の間隔を数字に置き換えただけのこと(音と音の距離を表すもの)です

ある基準の音とは、後で詳しく解説しますがキーといわれるものです

簡単にいいますと、その曲、あるいはコード進行の中での中心となる音(一番安定している音)のことです

では具体的にまずピアノを使って度数をみていきましょう!

ピアノ図

この時、C音(ド)をキーとして考えると

ドレミファソラシド(Cメジャースケール)の音の間隔すなわち音程差を数字で表すと

下図のようになります(※画像は大きくなります)

度数図1

ド~レ(長2度)ド~ミ(長3度)ド~ファ(完全4度)ド~ソ(完全5度)

ド~ラ(長6度)ド~シ(長7度)

でさらに、これを細かくすると(白鍵ドからそれぞれの黒鍵の距離)

度数図2

ド~レ♭(短2度)ド~ミ♭(短3度)ド~ソ♭(減5度)ド~ソ♯(増5度)ド~シ♭(短7度)

※減5度=増4度、増5度=短6度とも言う

全部で12音できると思います

もちろんこの後も9度(ナィンス)となりますが

ここではオクターブのドまで!つまり後は音は同じで高さが変わるだけなので

違う音は12音ですよね

ここで短2度の間隔を「半音」(0.5音)長2度の関係を「全音」(1音)といいます

また同じ高さかつ同じ音の間隔を完全1度(ユニゾン)といいます

逆に8度(ド~ド)で高さの違った最初と同じ音を完全8度(オクターブ)といいます

完全、長、短、増、減はそのままやっていくうちに覚えますのでなんとなくで大丈夫です

次にギターの指板でみてみましょう

ギターの場合はピアノと違い黒鍵がないので半音、全音の間隔が見やすいと思います

度数図3

半音一個で短2度、半音2個(全音1個)で長2度、半音3個で短三度、半音4個で長3度・・・・etc

という具合に楽器によって

音と言っていることは同じでも見え方が少し違うと思います

見え方が違うとピアノでは黒鍵のたくさんあるキーでは弾きづらくても

ギターの場合はそのままフレットを並行移動させるだけなのでギターは転調に強い楽器だとわかります

ピアノの方は黒鍵嵐で大変なのに、ギターリストは平気な顔で弾いているのです

とちょっと話がそれてしまいましたが

ここで大事なことは音の距離を数字に置き換えることです

これができれば、コードの構成音が簡単にわかります

また、スケールの理解も楽勝ですので、頑張ってここで覚えちゃいましょう!

あと一応ドレミをアメリカ語のCDEにも置き換えましょう

度数まとめ表

ドの音をルートまたは根音という

♭(フラット)はある基準音から半音低い、♯(シャープ)はある基準の音より半音高い

増←♯-超音程-♭→短-♭→減

増←♯-完全音程-♭→減

新着情報

キーワードから記事を探す