その他の三和音

今まで、CメジャーとCマイナーの三和音の構造を解説してきましたね

ここでは、その他の三和音について見ていきましょう

もうみなさんは
CメジャーとCマイナーの構成音を把握していますから

後はそれらをちょっと変化させるだけですので、
簡単に理解できます

ここからの解説は全てルートをCで解説します

では、

まずCメジャーの長3度だけの変化を検証していきます

この長3度の音を半音下げると、
お馴染みのCmコードになりますよね

ここは、問題ないと思います

では、長3度の音を半音上げるとどうなるでしょうか?

度数で表すと長3度の次(半音上)は完全4度でしたよね

3度の変化イラスト

でこのルート、完全4度、完全5度の三和音のことを

Cサスフォーコードといいます

特徴はふわっと浮き上がった不思議な感じの雰囲気のコードで

メジャー3度のCコードに解決したくなる和音です

表記はsus4と表します

これをもしC4という表記にしてしまうと

Cコードに4thを加えた4和音という意味になって

しまいますので注意してください

ルート、長3度、完全4度、完全5度の4和音となり

長三度が含まれてしまう!この場合コードの明暗を分ける

強い3度の音が半音で完全4度とぶつかるので不況和音になる

サスフォーコードは長3度を含みません
長3度の代わりに完全4度が構成音になるということです

ちなみにsusの意味は「サスペンディッド=つり上げた」
というような意味をもつ

つまり長3度の音を半音上の4thにつりあげているという
イメージで理解しやすいでしょう

では次に完全5度の変化を見ていきましょう

流れから気付いていらっしゃるかと思いますが

この完全5度も半音下、半音上の変化を分析するだけです
完全5度の変化イラスト

まず半音下げるとC(♭5)となります

半音上げるとC(♯5)=Caug(オーギュメント)となります

そしてこのオーギュメントコードはおもしろい性質があります

Caugの構成音は全て長3度間隔で蓄積されています
ですので、長3度間隔で並んだオーギュメントコードは
すべて同じ構成音になってしまうんですね

どういうことかといいますと
「Caug=Eaug=G♯aug」ということになるんですね

なのでオーギュメントコードは全部で4種類しかないんですね
12÷3=4
そのままの形を平行移動して使うといったアプローチができます

また、オーギュメントコードはコードトーンの3音
どの音がルートになってもオーギュメントコードになってしまいます

とちょっと難しいので、オーギュメントの性質はなんとなく

頭の片隅の方にしまって置いてください

最後に短3度と減5度の三和音を見ていきましょう

短3度、減5度のイラスト

このルート、短3度、減5度の

各構成音が1.5音間隔のコードは

Cdim(ディミニッシュ)といいます

特徴はなんといっても
落ち着く音がなく、とても不安定な響きが特徴です

以上で覚えてほしい3和音の解説は終了です

お疲れ様でした!

他にも3和音はあるのですが

実用的でなかったり

別な表記にした方が

わかりやすいといったものなので

ここでは、割愛しますが

正直、ここで取り上げた3和音で

十分3和音の種類を網羅していますので安心してください

《当サイトの人気コンテンツ》音楽全般で使える教則本厳選100