メジャースケールとは

ここではメジャースケールの仕組みを解説していきますね

メジャースケールの仕組みは理解できたけどでは実際に具体的な使い方はどうするの?
ということ等を知りたい方はこちら→スケール入門で勉強してください。

メジャースケールって聞くとちょっと難しそうに感じますが

実は、みなさんに馴染み深いドレミファソラシのことなんですね

アメリカ表記で表すとCDEFGABとなります

でこれをC(ルート)をキーとした場合の

メジャースケールのことで

これをCメジャースケールといいます

このCメジャースケールがメジャースケール構造の型となります

キーとは簡単にいいますと一番そのスケールの中で一番落ち着く音
乃ち、ルート音のことです(音の中心となる音です)

クエッションイラスト

?と思われる方もいらっしゃると思いますので

もう少しメジャースケールについて詳しく見ていきましょう

例えば

先程はCがキーの場合のメジャースケールがCメジャースケールでしたね

ということはこれがカラオケでいうキーを
2つ上げた場合どうなるでしょうか?

C、D、E、F、G、A、Bをそのまま全体を2音上げること

Cから二つ音を上げるとキーはDになりますよね

でこのDをキーとした場合のメジャースケールは?

う~ん・・そうです!そのまま当てはめるだけです

DがキーならDメジャースケール

D、E、F♯、G、A、B、C♯

でここで大事なのは、

固定ド(絶対音感)で捉えるのではなく
なるべく移動ド(相対音感)で捉える事です

Dメジャースケールイラスト
どうしても絶対音感を持っている方はここで躓いてしまいます

絶対音感の方は後者のDメジャースケールを

ドレミファソラシと捉えることができず

どうしても、レミフ♯ァソラシド♯と捉えてしまいます

これは仕方がないことなのですが、

構造で分析する場合は絶対音感は反って弊害となります

どういうことかといいますと

相対音感で捉える場合

メジャースケールのモデル構造1つ覚えるだけで

そのキーをドとして捉えることができ、

そのまま平行移動して

ドレミファソラシを捉えることができますので

12のキーのメジャースケールを

パターン1つ覚えるだけで弾くことができます

しかし

絶対音感で捉える場合

そもそも全てが違う音として捉えてしまいますので

12のキーのメジャースケールを12パターン覚えることになります

もちろんこれでも良いのですが

これから、チャーチモードをはじめ、

色々なスケールを覚えて行くときに、

スケール数×12個(12キー分)のパターンを

毎回覚える事になりますのでとても大変です

ですので、
移動ドで構造だけは分析できるようにすることをおすすめします

メジャースケールの構造を度数か全音、半音の間隔で覚えましょう

スケール当てはめる図

例えば

全音、半音で覚える場合

全全半全全全半

キーが変わってもここに当てはめると

そのキーのメジャースケールが出来上がります

もちろん度数に当てはめても同じ結果になりますが

度数は必ず覚えてください

なぜかといいますと、この先、いろいろなスケールを解説していきますが

この度数を覚えておくと、一部の度数の変化だけでスケールを理解できます

例えば

メジャースケールの△7度の音を半音下げると

ミクソリディアンになります

というような感じで一部の音の変化でスケールを理解できます