分数コードとは

ここでは、楽譜などでよく見かけるC/Eのような
まるで分数のように書かれているコードを解説していきます

たぶんこの英語が2つ同時に出てきた時、えっ何これ!?
といつもよく分からないまま譜面通りに弾いていたと思います
しかーし、しっかり分数コードの構造を理解できれば、
なんだこんなもんか~となるでしょう

表記の仕方は分数やスラッシュの他にオンコードというC(onE)表記もあります

そして、分数コードというのは大きく2種類あります

①コード構成音がベースに来る場合

②コード構成音以外の音がベースに来る場合

上記の二種類が分数コードになりますが
それぞれ考え方、使用方法が異なりますので、
詳しく一つずつ見ていきましょう

①コード構成音がベースに来る場合

分数コード説明図基本形のコードがコードトーンというルート、3度、5度、7度の
ルート以外の音が一番下つまり、ベース音に来る場合が分数コードになります
そして、それぞれ呼び方が決まっています

基本形:ルートがベース音に来ている場合→普通のコード

第一転回形:3度の音がベース音に来ている場合→分数コード

第二転回形:5度の音がベース音に来ている場合→分数コード

第三転回形:7度の音がベース音に来ている場合→分数コード

と全部で3種類の分数コードが出来ます

この分数コードの特徴はコードサウンドが崩れずに聴こえるので、
別のコードという捉え方をしません

つまり基本形のコードと同じ機能や役割をします
ではどういう時に使用するのかといいますと

分数コードをコード進行に入れることで、
ベースラインが綺麗になる時に頻繁に使用します

例えばⅠ-Ⅴ-Ⅵm-Ⅰ-Ⅳ-Ⅰ-Ⅱm7-Ⅰというコード進行があったとしますね
このままではベースラインは上がったり、下がったりと、
少しデコボコしたラインになってしまいます
しかしこのコード進行の3つのコードを分数コードに変換してあげると
Ⅰ-Ⅴ/Ⅶ-Ⅵm-Ⅰ/Ⅴ-Ⅳ-Ⅰ/Ⅲ-Ⅱm7-Ⅰ
1(8)→7→6→5→4→3→2→1というベースラインの流れが滑らかに!
ルートから順番に下がっていくスムーズなコード進行が出来上がるんですね
こういった感じで、ベースのラインを中心に分数コードにするのか、しないのかを決めていきます

もちろん毎回、ベースラインを先程の例のように、
スムーズにしなければいけないということではありませんので、注意してください!
これはあくまで、アレンジする時に、色々試行錯誤した結果、
ベースラインを滑らかにした方が
楽曲の聴こえ方が良いという時の自分の耳が決めることですので・・
大事なメロディと半音でぶつかる場合などは特に気を付けましょう
ですので分数コードは、アイディアとしてストックしておきましょう
ただJPOP音楽では、かなり使用されていますので、研究してみてください
最近のアイドル曲では、他の曲と似ないように、
いろいろと工夫されて使用されていますよ~
②コード構成音以外の音がベースに来る場合

分数コード説明図2こちらはですね~結構音楽理論書でも、
間違った捉え方をしている理論書もあります
ので
難易度は高いですが、一応解説していきます
もし全く分からなくても、気にしないでください
コード構成音以外の音がベースに来るという捉え方で割と
勘違いされている理論書があります
これはどういうことかといいますと
コードトーン以外ということは、テンションがベースに来ているんだからと
基本形のコードの転回形の一部として捉えてしまうんですね

例えばC/Dという分数コードの場合
Cadd9コードのテンション9thがベースにきた分数コードと捉えてしまうんですね
しかーしこれは、間違っているんですね
人間の耳で聴くと、なんか違和感があると思います
試しにドミナントモーションでC/Dを弾いたときに
全然コードが解決した感じは得られないと思います
ですので、この場合はDをルートとした別のコードとして捉えます

つまりコードトーン以外の音が一番下、ベースに来る場合は
他のコードに変化したと考える方が無難ということです

この場合CでなくDをルートにしたコードに変化しているということです
C/D=5度なしのD7sus4(9)となります
Cadd9とD7sus4(9)は明らかに違うコードですよね
とここまでは難しい内容でしたが

なんでこういうことをするのかといいますと
C/Dにも表記上メリットがあるんですね

<D7sus4(9)のコードをバンドで演奏する場合>
ベースの人がD音を弾いて、ピアノやギターなどのうわものでCコードを弾くだけで
D7sus4(9)サウンドを出すことができちゃうんですね
また、バッキングする時のアプローチをしてD7sus4(9)を弾くより
Cコードだけを中心に弾いたほうが、音の厚みとして丁度良いんですね
もし、ピアノ、ギター、その他の楽器みんなが
D7sus4(9)を弾くと音が少しあつくるしいんですね
そこでバランスの面でも、この分数表記は活躍するということです
フュージョンジャンルなどのテクニカルな曲での分数コード

さらに本当は分数コードというのはもう一つあるのですが
ここは上級レベルの話ですので、軽く紹介だけしておきます
<テンション表示の簡略化>
テンションが多く入ったコードの場合
テンションだらけのコード表記になってしまい
大変理解しにくいために、

テンションをまとめてトライアドや7thコードの形にして分子にして

もとの基本形コードの部分を分母にして

分数コード表記をします

<上記の分数コード2つと違う所は>
分母がベース音だけの単音でなく、和音になっているんですね
これは、アッパーストラクチャーコードというものと
深く関係しているのですが、ここでは割愛します

新着情報

キーワードから記事を探す