三和音のダイアトニックコード

前回は、トライアドのダイアトニックコードを解説するつもりが

話すイラスト

ちょっと小難しい話になってしまいましたので

ここで、改めて解説していきます

では、まずこれから説明していくにあたって最初にシチュエーションを設定します

シチュエーション

キーはC

スケールはCメジャースケール

Cメジャースケールの音だけを使う

3度音程を積み重ねていく

①Cメージャースケールを書き出します

その書き出した7つの音をそれぞれルートとします

Cメジャースケール

ド:ルート

レ:ルート

ミ:ルート

ファ:ルート

ソ:ルート

ラ:ルート

シ:ルート

②そのルートからそれぞれ3度の音程を積み重ねていきます

この時注意するポイントは
あくまで、Cメジャースケールの音だけを使うことです
そして、3度は長3度と短3度の2つのどちらかを使用することになります
ルートに3度を加えた場合

ド、ミ:メジャー

レ、ファ:マイナー

ミ、ソ:マイナー

ファ、ラ:メジャー

ソ、シ:メジャー

ラ、ド:マイナー

シ、レ:マイナー

この段階でコードの明暗がはっきり分かります

③次にまたCメジャースケール内の音を使って3度の音程を蓄積します
もしくはルートから5度の音でもかまいません

5度の音もCメジャースケール内の音を使用することになるので
完全5度、減5度どちらかに必然的になります
3度の音にさらに3度を積み上げた場合(ルートから5度を加えた場合)

ド、ミ、ソ:Cメジャーコード

レ、ファ、ラ:Dマイナーコード

ミ、ソ、シ:Eマイナーコード

ファ、ラ、ド:Fメジャーコード

ソ、シ、レ:Gメジャーコード

ラ、ド、ミ:Aマイナーコード

シ、レ、ファ:Bディミニッシュコード

これで、三和音(トライアド)のダイアトニックコードが出来上がりました
どうでしょう?意外に簡単だったのではないでしょうか
次は四和音のダイアトニックコードについて解説します

新着情報

キーワードから記事を探す