ナチュラルマイナースケールのダイアトニックコードの役割

今回はナチュラルマイナースケールのダイアトニックコードのグループ分けをして
それぞれのコードの役割を理解しましょう

まず、キーAmのAナチュラルマイナーのダイアトニックコードを導きましょう
メジャースケールの時と同様に、3度ずつ積み上げましょう
ナチュラルマイナースケールダイアトニックコード説明図
すると、Cメジャースケールのダイアトニックコードと同じコードが出てきましたね

しかし、コードの役割、機能は違ってきます

トニックマイナー、ドミナントマイナー、サブドミナントマイナーという3つのグループに分かれます

ではまず、トニックマイナーとは

トニックマイナー説明図これは、名前の通りマイナー版の非常に安定したコードで
キーの主音がルートになっているため楽曲の主役的コードです

どのような短調なのかという調の種類を決定づけます
このコードで曲が解決します
Ⅰm7:Am7

代理コードはメジャーの時と一緒で、
コードの構成音が似ているコードが代理コードとして使用できます

トニックのルート(根音)省略形が♭Ⅲであるため

♭Ⅲ△7:C△7が代理コードになります

また、次に紹介する♭Ⅵ△7コードもトニックの代理にもなりますが

こちらのコードは一般的にサブドミナントマイナーの代理で使用されます

すなわち、2つの役割を持っています
トニックの代理として考えられる理由は
♭Ⅵ△7コードの上部3声がⅠmと同じ構成音であるため

ドミナントマイナー

ドミナントマイナー説明図Ⅴm7はご覧の通りⅤ7でないため、
コードの中に不安な要素に欠かせないトライトーンを含んでいません
ですので、強い解決というものは得られません

しかし音楽的には自然な流れを得られますので、
Ⅴm7もドミナントとして使用されます
Ⅴ7が明らかな終止感に対してⅤm7はちょっと押さえられた終止感という感じです
なので、どちらを使用するかというのは曲の流れや好みで使い分けます

ドミナントマイナーの代理コードは残念ながら、ありません

ナチュラルマイナースケールからはドミナントというコードの役割を
担うコードを作りだすことが苦手ということが分かります
そのため、短音階は1種類ではないんですね~

サブドミナントマイナー

サブドミナントマイナー説明図上記の流れからみなさんもお気づきだと思いますが
ナチュラルマイナースケールからは
このサブドミナントマイナーがたくさん作られます

ですので、ここをしっかり理解できれば、
短音階のコードの使い方が分かってきます
サブドミントマイナーはⅣm7:Dm7になります

特徴はⅣm7からⅠm7へ動く時にコード構成音の♭6度から5度への半音の動きが
ドミナントモーションとはいえないのですが、終止感の強いコード進行になります

代理コードはこのコード構成音の♭6度から5度の動きが
サブドミナントマイナーの特徴ですので

コード構成音に♭6が含んでいるコードが代理コードになります
つまり、Ⅱm7(♭5)、♭Ⅵ△7、♭Ⅶ7が代理コードとなります

《当サイトの人気コンテンツ》音楽全般で使える教則本厳選100