メロディックマイナースケール

今回で短音階のスケール3種類が揃いますので、頑張りましょう

メロディックマイナースケールとは

メロディックマイナースケールスケールイラストこのスケールは前回のハーモニックマイナースケールで
不足している部分を補うために作られました
ということはハーモニックマイナースケールの改良型ともいえます
では、何が不足していたのでしょうか?それはですね~
まず、ハーモニックマイナーはⅤ7を作るためにすなわち
ナチュラルマイナースケールの和音を補うたに作られたので
ハーモニーは改善されたんですが、
今度は逆に、スケール(旋律)に少し不自然な間隔が一カ所出来てしまいました
これは別に使えないということではなく、あくまで、理論的?旋律的に捉えると
ちょっと見栄えが良くないといいますか、短6度と長7度だけいきなり短3度(増2度)の間隔が
開いてしまいましたので、ここの間隔を今まで通り、2度の間隔に戻しましょう
ということで、メロディックマイナースケールが作られました
で、短3度間隔を2度間隔にするには2つの方法が考えられます
一つは長7度を短7度に戻す
これで一見解決したように思いますが、
これでは、ナチュラルマイナースケールになっちゃいますよね
すると、せっかくⅤ7を作りだしたのに、Ⅴm7になってしまいます
ですので、この長7度はそのまま固定します→ドミナント7thを残します
ということは、短三度間隔を解消するためには

短6度を長6に半音上げるしか方法がないということですね

これで無事、ナチュラルマイナースケールにないドミナントモーションも作れ
さらに、ハーモニックマイナースケールのメロディも旋律的に不都合さを解消できました

そして、メロディックマイナースケールは別名で旋律的短音階ともいいます

これはもうみなさんも想像がつくと思いますが
文字通り旋律の問題を解消したので旋律+的+短音階と単純ですよね

ただここで注意してほしいポイントがあります

注意ポイントイラストメロディックマイナーは
ハーモニックマイナーの旋律を直すために作成したということは
メロディックマイナースケールの方が、
ドミナントも作れ、旋律もきれいということから
ハーモニックマイナースケールよりも優れているように思いますが、
決してそんなことはありません

短音階3種類どれも実際に、しっかり使用されています

※JPOPではナチュラルマイナースケールのダイアトニックコードを中心に
ハーモニック、メロディックを所々に散りばめて使用します
メロディックマイナースケールの作り方

ジャズイラスト一つはハーモニックマイナースケールを基準として短6度を半音上げるだけ
二つ目はナチュラルマイナースケールの短6度と短7度をそれぞれ半音上げる
と短音階を基準に導く方法が一般的ですが・・

メジャースケールからも簡単に作ることができます
どういうことかといいますと
メジャースケールの長3度の音を半音下げる、つまり短3度にするだけでも
メロディックマイナースケールになります

でなんで、わざわざ、こんなことをしたのかといいますと

メロディックマイナースケールはおもしろい特徴があるんですね

それは、

ルートから完全5度までは、ナチュラルマイナースケールで、

完全5度からはメジャースケールになるんですね

ということは、マイナーとメジャーの性質の両方を含んでいるスケールでもあるんですね
ですので、暗い響きも持ち合わせながら
少し明るい雰囲気も同時に出せるというユニークな特徴があります

ですので、ジャズでは良く使用されるんですね~

上向型と下向型でスケールが違う?

クラシック理論イラスト実は先程から言っているメロディックマイナースケールとは
クラシック理論では上向型のことだけをいいます
下向型はナチュラルマイナースケールにしないとダメという規定があります
ではどうして
下向型はナチュラルマイナーにしなきゃいけないのかといいますと
上向型のままでメロディを下向させるとメロディックマイナーは
メジャースケールと3度の違いだけでしかないため、
長7度から下向すると短3度の音が来るまで
メジャースケールの響きが出過ぎてしまうため、
それを避けるために、ナチュラルマイナーで下向させるということです

しかーし、これは、
あくまでメロディだけを独立した考え方のために起きる問題であって

コードすなわち、ハーモニーが一緒にバック演奏で鳴っていれば、
全体としてのサウンドで捉えると
メジャーの雰囲気が出まくるということはありません
丁度いい具合に適合してくれますので、
バック演奏にマイナーのダイアトニックコードが使用されていれば
上下問わず、メロディックマイナースケールで弾くことが可能です

とここでは、少し難しい考え方が出てきましたが、
<結論として>
メロディックマイナースケールはマイナーダイアトニックコードが鳴っていれば
上向、下向、問わず、そのまま弾けるということを理解できれば大丈夫です

さらに、ここから本当はメロディックマイナースケールのダイアトニックコードを
解説しようと思ったんですが、
ちょっと、文章が長くなってしまいましたのと、結構濃い内容でしたので
次項に、ナチュラルマイナースケールのコードの役割と一緒に解説します

新着情報

キーワードから記事を探す