「アボイドノート」とは

ここでは、テンションコードを考えるのに必要となってくる
「アボイドノート」について解説していきます

まず、スケールを構成する音は、「コードトーン」と「テンションノート」
そして、「アボイドノート」に分類することができます

特に、「アボイドノート」というは気を付けて使用しないと

サウンドを台無しにしてしまう可能性もありますので、しっかり勉強していきましょう

「アボイドノート」とは

アボイドノートイラスト直訳すると「避けるべき音」となります
ではなぜ避けなければならないのでしょうか?
それは、調を明確にする調性音楽では、
不協和音で調性感が不明瞭になることを嫌っています
と言われてもあまりピンとこないと思います
簡単に言ってしまえば、アボイドノートになっている音とコードを
一緒に鳴らした時に、アボイドノートが大事なコードトーンとぶつかってしまい、
コードのサウンドや機能役割を崩してしまうということです

そして、アボイドノートには2つの定義があります

①コードトーンの各音から、上方に♭9th音程を構成してしまう音

アボイドノート説明図1この♭9thというのは、
コードトーンの半音上(短2度)の音のことをいいます
この短2度で音がぶつかると、
和音は不協和なサウンドになってしまいますので「アボイドノート」
避ける音とされています

もちろん例外もあります

Maj7コード上での、M7thから見たルート

例えば、キーがCのC△7のB(M7th)とC(ルート)の場合は
半音でぶつかっているが、和音の響きに影響が出ていないので、
「アボイドノート」にはなりません

また、ドミナント7thコード上の♭9thも例外扱いとなります

これは、♭9thを入れてあげることにより、ドミナントの特徴である
不安定な音をより強調してくれるのと、裏コードの特徴であった半音解決という
強い進行を得られることが出来ます

②コードトーンの各音から、上方に♯11th音程(増11度、減12度)を形成し
ドミナントコードの特徴であるトライトーン(増4度、減5度)を構成する音

アボイドノート説明図2これは、唯一ドミナントコードだからこそ持っているトライトーンを
他のコードで作ってしまったら、
ドミナントコードの特殊性を強調できなくなってしまいますので、
一般的に避けた方が良いとされています

しかし、こちらの定義はアボイドノートの定義としては、
少し弱いと言いますか・・

結構無視されているというのも現状です

例外として、リディアンスケール上での
Maj7コードでの特性音としての♯11thテンションはルートに対してトライトーンの
関係になりますが、7thコードのサウンドを崩さないので例外となっています

<結論>
アボイドノートの定義を長々と述べてきましたが、
半音でぶつかる音がコードのサウンドを濁してしまうと、
理解できれば、これから、説明していく
ダイアトニックコードのテンションコードも理解できると思いますので十分です

新着情報

キーワードから記事を探す