「メジャーダイアトニックコード」の「テンション」

前回までで、テンションノートの基本的な意味とアボイドノートについて勉強してきましたので

ここでは、それらの知識を活かして
「メジャーのダイアトニックコード」に「テンション」を加えていきましょう

メジャーダイアトニックコードのテンションまとめ表

Ⅰ△7:使えるテンションは「9th」と「13th」です

 
11thはコードの大事な性格を決める長3度の音と半音で
ぶつかってしまうためアボイノートになります
また、例外として、♯11thがテンションになる場合もあります
これは、スケール内の音に含まれていませんが、
サウンド的に問題がないため、結構使用されます

Ⅱm7:使えるテンションは「9th」と「11th」です

 
こちらは、メジャーの時と違い3度と一音離れているため
11thが使用できます
しかし13thがアボイドノートの定義の2つめに当てはまってしまうため
使用できません
つまり、短3度と長6度がトライトーンになってしまうため
一般的にテンションから除かれます

しかーし、13thはドリアンスケールの特徴であるため
ファンキーな曲では普通にテンションとして使用される場合もあります

Ⅲm7:使えるテンションは「11th」だけです

 
9thはルートと半音でぶつかってしまいますので使用ができません
♭13thはこれも、完全5度と半音ですのでアボイドノートになります

Ⅳ△7:ナチュラルテンションを「全て使える万能コード」です

 

Ⅵm7:Ⅱm7と同じで使えるテンションは「9th」と「11th」です

 
♭13thはコード構成音と半音でぶつかるため使用できません

Ⅶm7(♭5):使えるテンションは「11th」と「♭13th」ですが
「♭13th」は実用例が少ないのが現状です

 
ですので、11thだけと表記されている音楽理論書が大半です
一応♭5と♭13thは一音の間隔でアボイドノートの定義には
当てはまらないのですが・・
♭9thはトニックのルートと半音でぶつかるので使用できません

Ⅶm7(♭5)で使えるテンションの結論としましては
「11th」だけと覚えた方が無難です

でここでみなさんは何か抜けてない?と疑問に思ってますよね

さすがみなさん鋭いです!
これは、説明が長くなってしまうのと、
他より使えるテンションの数が違うため、意図的に後回しにしました

では最後にⅤ7を分析していきましょう!

メジャーダイアトニックコードのテンションまとめ説明図まず、このドミナントコードの場合は
基本系のテンションと変化系のテンションで分けて考える必要があります
使用できるナチュラルテンションは9thと13thになります
11thは3度と半音でぶつかるので使用できませんが
Ⅴ7sus4やⅡm7/Ⅴのコード構成音としては使用されます

変化系のテンションを一般的に「オルタードテンション」といいます

オルタード(altered)とは変化したという意味で、オルタードテンションは
変化したテンションということなんですね
つまりナチュラルテンションノートである9th、11th、13thに対して
それらを半音上下に動かした♭9、♯9th、♯11th、♭13thが
オルタードテンションになるということです

そしてオルタードテンションは全て使用できます

これは、スケール内の音ではありませんが
別のスケールと想定して、一時的にⅤ7をより不安定なコードにします
オルタードスケールやハーモニックマイナーパーフェクト5thビロウなどの
ジャズでは定番のスケールを想定して、スリリングな音を導きだします