四和音の基本を理解しよう

今日は四和音の構造を解説します

前回まではトライアド乃ち三和音を勉強してきました

で今回の四和音は三和音の音に1つ音を加えるだけです

具体的にいいますと

四和音も三和音と同様に「3度」ずつ4つの音を積み重ねてできています

なので三和音の5度の上に3度の音を積み上げるだけです

では具体的にみていきましょう

まずメジャーのCコードに3度の音を重ねていきましょう

パターンは2つできますよね

長3度と短3度を完全5度の上に蓄積するパターンの二つ

長3度の場合は

Cメジャーセブンスコード図

ド(ルート)、長三度(ミ)完全5度(ソ)、長7度(シ)が構成音で

C△7(Cメジャーセブンといいます)

△7=maj7と書く場合もあります

つまりCコードに長7度が加わっただけのことです

念のため確認しておきますが

長3度を完全5度のうえに重ねるとは完全5度からの距離が長3度という

意味であって、ルートからの距離は長7度ということですので

お間違えのないようにです(たぶん大丈夫だと思いますが・・一応)

特徴は、オシャレな雰囲気で都会的なイメージ
ジャズには欠かせないコードです

では次に完全5度から短3度の音を積み重ねると

C7コード図
ド(ルート)、長三度(ミ)完全5度(ソ)、短7度(シ♭)が構成音で

C7(Cセブンいいます)

特徴はブルースなどの音楽やドミナントコードとして
不安感を演出するのに欠かせないコードです

ここで表記の仕方の注意点を説明しますね

短7度ということはm7でないの?と思われると思いますが

短7度の場合のmは省略してそのまま7と書きます

これは、もしm7と表記すると

次に出てくるのですがCmのコード(Cマイナーのトライアド)に

m7を加えた場合Cmm7となってしまいます

なのでmは3度のマイナーを表し、短7度は何も付けません

簡単にまとめますと

3度の場合の表記はメジャーが省略、短3度がm

7度の場合の表記はメジャーが△7、短7度は省略

上記をみると、3度と7度でうまく表記が先程のCmm7みたいな

ぶつかりがないようになっていますので、ゆっくり確認してみてください

では本題に戻ります

次は、Cmのトライアドに3度の音を積み重ねましょう

完全5度の上に長三度を重ねると(長7度を加えると)

Cm△7コード図
ド(ルート)、短三度(ミ♭)完全5度(ソ)、長7度(シ)が構成音で

Cm△7(Cマイナーメジャーセブンスといいます)

特徴は、あまり頻繁には使われないコードですが
変な不安感を演出する場合やクリシェなどの時に活躍します

完全5度の上に短三度を重ねると(短7度を加えると)

Cm7コード図
ド(ルート)、短三度(ミ♭)完全5度(ソ)、短7度(シ♭)が構成音で

Cm7(Cマイナーセブンスといいます)

一応復習もかねて説明しますが

このmは3度のマイナーを表しています

そして7が短7を表しています

特徴はCmがまさにマイナーみたいな強い印象が
短7が加わることにより
少しだけマイナー感が薄れた感じのイメージ

どのジャンルにも頻繁に使われます
(一発もののカッティングには欠かせません)

で今度はCm(♭5)=Cdimに3度の音を積み重ねましょう

(短7と減7度=長6度を加えてみましょう)

減5度に長3度を積み上げると(短7度を加えると)

Cm7♭5図
ド(ルート)、短三度(ミ♭)減5度(ソ♭)、短7度(シ♭)が構成音で

Cm7(♭5) (Cマイナーセブンフラットファイブといいます)

特徴はマイナーのツーファイブでよく使われます

最後に

減5度に短3度を積み上げると(減7度=長6度を加えると)

Cdim7図
ド(ルート)、短三度(ミ♭)減5度(ソ♭)、減7度(シ♭♭)=長6度(ラ)が構成音で

Cdim7(Cディミニッシュ7といいます)

特徴は経過音コードとして良く使われます

このディミニッシュコードの構成音は全て短3度間隔で並んでいます
で本来は最後の4つめの音はラの音(長6度)でCdim6と書くべきなのですが

最初にコードの構築はコードの仕組みで3度間隔で積み上げていくと解説しました

なのでルール通りに表記すると4番目の音は7で統一しなければならないんですね
なのでdim6でなくdim7と表記します
以上で基本の四和音コードの解説は終了となります
お疲れ様でした!
次からはCメジャースケールと三和音、四和音コードなどを使用して
ダイアトニックコードについて勉強していきましょう

新着情報

キーワードから記事を探す