「マイナーツーファイブでIIm7(♭5)コードの短3度上のFドリアンスケール」

「マイナーツーファイブでIIm7(♭5)コードの短3度上のFドリアンスケール」

マイナーツーファイブフレーズ1
このフレーズはマイナーのツーファイブでマイナーコンヴァージョンコンセプトを使用しています。
Dm7(♭5)コードではルートから短3度上のFドリアンスケールをルートから弾いています。
最後の1音は次のコードを意識してスケールを弾いています。
G7コードではルートから4度上のCハーモニックマイナースケールを4度から下降していますが
3拍目裏からオクターブディスプレイスメントというテクニックを使っています。
Cm7コードではシンプルにマイナートライアドを弾いています。
マイナーコンヴァージョンについてはこちらの記事「マイナーコンヴァージョン」についてで解説しています。

オクターブディスプレイスメントとは

フレーズの途中でオクターブを変えるオクターブの置き換えのことをいいます。
このオクターブディスプレイスメントテクニックを使うことによりフレーズの幅が拡がりますのと
別のフレーズに聴こえる簡単なテクニックですのでこの機会に習得しましょう。

 

FドリアンスケールをDm7(♭5)コードの上で弾くと下記になります。

■Dm7(♭5)上Fドリアンスケール
【R、♭2、♭3、11、♭5、♭13、♭7】

■Dロクリアンスケール
【R、♭2、♭3、11、♭5、♭13、♭7】

Dm7(♭5)上Fドリアンスケール=Dロクリアスケールという関係になります。

CハーモニックマイナースケールをG7コードの上で弾くと下記になります。

■G7上Cハーモニックマイナースケール
【R、♭2、3、11、5、♭13、♭7】

■GHmp.5↓
【R、♭2、3、11、5、♭13、♭7】

G7上Cハーモニックマイナースケール=GHmp.5↓という関係になります。

ジャズで定番とされるGハーモニック・マイナー・スケール・パーフェクト・フィフス・ビロウは
このマイナーコンヴァージョンから導くことができます。

新発売!!教則本(電子書籍)

【ダイアトニックコードの組み合わせで作るオルタードフレーズ】 DLmarketで購入 【マイナー・コンヴァージョン初心者でも使いこなす・実践メジャー&マイナー・ツーファイブフレーズ50個】 DLmarketで購入

オリジナル教則本(電子書籍)

【ブルースセッションで使えるバッキングフレーズ40個&覚え方・使い方・解説付き】
DLmarketで購入
【リズムチェンジのアドリブジャズの弾き方のコンセプト30個と実践フレーズ集30個】
DLmarketで購入
【様々なスケールをペンタトニックの5音に短縮して考えるジャズアドリブ方法】
DLmarketで購入

コンテンツ